内田勝正の死因は胃がん?【死去】現在の妻と西部警察の画像

俳優で悪役として名演をしていた内田勝正さんが死去いたしました。

先月の31日に逝去されていたとのことで享年72歳ということでした。

悪役として知られ数多くの作品に出演されており関係者の間では今回の訃報は驚きをもってとらえられております。

内田さんは幅広く悪役を演じられていて、
「悪役の総合商社」
といった感じだった。

はじめて聞く名だけどそんなに時代劇に出てかと画像みたら何度も見たお顔だった。

内田勝正さんの名前は知らなくても顔を見れば知っているという俳優さんでした。

今回はそんな内田さんの死去や死因に関して取り上げようと思います。

内田勝正の死因は胃がん?【死去】

内田勝正さんの死去に関しては各スポーツ紙が報道しております。

「水戸黄門」などに出演した俳優の内田勝正さんが1月31日に死去した。享年75歳。内田さんが副理事長を務め、俳優の西田敏行(72)が理事長を務める協同組合・日本俳優連合が発表した。

発表によると、内田さんは10年前に胃がんを患い、小康状態の中で同連合の役職を務めるなど実演家の就業状態の改善に尽力。昨年に体調を崩し、入退院を繰り返していたが、今年1月31日に亡くなった。今月2日に家族葬が営まれた。

 内田さんは青山学院大卒業後に劇団「四季」の研究所に入所。その後は劇団「浪曼劇場」を経て、名悪役としてTBS系時代劇「水戸黄門」「大岡越前」やNHK大河ドラマ「信長」などに出演した。

出典:スポーツ報知

学歴や経歴としては青山学院大学を卒業されていたとのことで洗練された青学と悪役のイメージのギャップに意外性を感じる方も多いようです。

内田勝正さんの死因に関しては胃がんを原因とする見方が多いようです。

約10年ほど前に胃がんが発見され治療をしてきましたが長期間の闘病生活で体力も低下してきたのでしょう。

今年に入って体調を崩し先月死去されました。

水戸黄門や大岡越前での悪役の典型で思い起こされるのが内田さんの演技です。

他にも大河ドラマなどたくさんの作品に出てきた稀有な俳優さんということができるでしょう。

現在の妻

内田勝正さんにはどのような妻がいたのでしょうか。

ネットの情報では二宮さよ子さんが妻なのではなどの情報がありましたがこれは作品の中での役柄での嫁ということのようです。

結婚しているのではないかとの情報がありますが本当に婚姻関係にあった女性がいたのかに関しては確定的な情報がどこにもありませんでした。

お子さんなどに関しても全く情報がなくもしかすると生涯独身をつらぬいていた可能性も否定できないようです。

※最新情報で内田さんにはご家族がいたことが分かりました。
結婚はされてお子さんもいたようです。

西部警察の画像

内田勝正さんといえば水戸黄門を代表作とする時代劇の悪役という印象です。

しかし、現代ドラマでもしっかりと存在感を示しておりました。

それが西部警察での出演です。

昭和を感じさせますがこの時代でも存在感を発揮しております。

これで昭和がまた遠くなったとの嘆きの声も聞こえてきます。

ネットの反応

名前は知らなくても顔は知っているという方がたくさんいるようです。

いい悪役演技でドラマなどの作品を引き締めてくれていたとの意見も多いようです。

本当に憎たらしいという意見なども最高の誉め言葉なのかもしれません、心からご冥福をお祈りいたします。

悪役の代名詞と言ったらという役者さんでした。
内田さんが演じた悪役は本当に憎たらしく、本当に素晴らしい役者さんででした。ご冥福を祈り致します。

内田さんといえば、
時代劇やザ・ハングマンや西部警察の広島篇、特命刑事・ザコップなど様々な悪役を中心にご活躍されておられました。すべての出演ドラマを記憶できるほどの存在感で、端正なお顔立ちとビブラートの効いたお声は一度聞くと忘れられないほどです。
晩年は後進の育成なども力を注がれておられ、俳優界の栄達にもご尽力されておられたようです。
まだお若いのに残念です。中心よりご冥福をお祈り申し上げます。

この方が時代劇の用心棒の先生などで殺陣のシーンに悪役側で出ていると、またあの人いる!と思いながら観ていました。悪党側の斬られ役でこの方がよく出ていたので子供ながらに楽しみだったのを思い出しました。

子供の時、この方が時代劇に出てくると
話の筋が理解できてなくても
「絶対にこの人が犯人!」って思ってた。
本当に悪い奴!って感じでした。
こういう方がドラマをちゃんと締めてくれるんですよね。

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です