エウロデラクルスが死去|死因は病気で経歴は?

日本のプロ野球でも活躍したエウロデラクルス氏が死去したとの報道がありました。

享年37歳ということでその死因などが注目されております。

野球ファンなら記憶にあるかと思いますがエウロデラクルス氏の死去は日本の野球関係者にも衝撃を与えております。

普通に亡くなる年齢にしては若すぎるだけに、理由はなんでなくなったのかが気になる。
ご冥福をお祈りいたします。

デラクルス懐かしい
育成目的で取ったのにも関わらず林昌勇との契約が延長となった途端、安い年俸だったにも関わらず解雇されたのは不可思議でした。

エウロデラクルス氏の死去に関して今回は取り上げます。

エウロデラクルスが死去

エウロデラクルス氏の死去は下記のように報道されております。

 2010年にヤクルトに在籍したエウロ・デラクルス氏が死去したことが分かった。37歳だった。

ドミニカ共和国出身のデラクルス氏はヤクルトで9試合に登板して0勝0敗、防御率7.84。メジャー通算26試合に登板して0勝0敗、防御率8.16だった。

ブルワーズは公式ツイッターに「37歳で亡くなったフランキー・デラクルスの家族と友人に哀悼の意を捧げます。デラクルスは2011年にブルワーズがナ・リーグ中地区を制した際に11登板してくれた。防御率は2.77だった」と記した。

出典:Full-Count

エウロデラクルス氏は死去した年齢が37歳ということで母国ドミニカ共和国でも大きく報道されているようです。

30代での死去はプロ野球関係者に大きな衝撃を与えております。

2010年にヤクルトスワローズに在籍していましたが結果を残せないまま日本を離れました。

死因は病気?

エウロデラクルス氏の死因は何だったのでしょうか。

報道では死去の要因や原因に関しては何も触れられておりません。

その体格からかなり体にも負担がかかっていたのではなどの意見がSNS
ではあるようですが本当の死因は特定されていないようです。

今後エウロ氏の死因が特定された場合にはこちらのサイトにもアップしていこうと思います。

経歴は

エウロデラクルス氏の経歴はどのようなものだったのでしょうか。

出身はドミニカ共和国です。

メジャーリーガーもたくさん輩出している野球強国がドミニカ共和国です。

 デラクルス氏は2007年にタイガースでメジャーデビュー。

マーリンズ、パドレスを経て、2010年にヤクルトに加入も1年で退団。2

011年にブルワーズで11試合に登板した後は、台湾プロ野球やメキシカンリーグでプレーした。

2004年にタイガース1A「ウエストミシガン」でプレーした際に監督を務めたマット・ウォルベック氏はツイッターに「フランクが亡くなったことはとても悲しい。

彼は素晴らしい姿勢を持った同僚だった」と記して哀悼の意を表した。

アメリカのメジャーリーグはもちろん日本や台湾でもプレーの経験があります。

メキシカンリーグでも活動するなど様々な野球経験を持っておりました。

体格

エウロデラクルス氏への追悼のコメントではその体格にふれているものも多いようです。

胸板の厚さが印象的なようでSNSにも体格に関する書き込みが多いようです。

その事が死因と何らかの関係があるのではなどと推測する方もいるようです。

しかし、現時点ではエウロ氏の死因に関しては特定がされておりません。

一体何が死去の原因だったのでしょうか。

いたなー。
若くて球の速い投手だった。
向こうでバッティングをやったことなくてフォームが不格好だと話題になった。

とんでもなく胸板の厚い体つきだった。
人間とは思えないくらい。

自称助っ人外国人マニアでも記憶から抜け落ちてしまってた。
まだまだ修行が足りないな。

鳩胸で話題になってたなぁ。
球は速かった印象がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です