【死去】増田敦子の死因は病気?プロフィールと経歴や学歴:訃報

草思社の編集者で北朝鮮の問題にも取り組んでいた増田敦子さんが死去いたしました。

享年64歳での訃報はあまりにも早すぎると関係者の間でも驚きの声が広がっております。

草思社で約40年間国際的な問題を取り上げる編集者として業界内では有名な方だったそうです。

こういった影の功労者がいた事を誇りに思います。謹んでご冥福申し上げます。

出版不況の中、さらに草思社の倒産も経験された大変だったと思います。

死去の増田敦子の死因は病気?

増田敦子さんの死去に関しては産経新聞などがこのように報道しております。


北朝鮮による拉致事件に、草思社の編集者としていち早く関心を寄せ、本を多数編み、出版界で知る人ぞ知る存在でもあった増田敦子さんが1月14日、64年の生涯を閉じた。

 18日、横浜で行われた家族葬には、拉致被害者、横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(83)や特定失踪者問題調査会代表、荒木和博氏の姿があった。

 平成11年に「めぐみ、お母さんがきっと助けてあげる」(横田早紀江著)を出版して以来、家族のように拉致事件解決への思いを共有し、増田さんは出版という形で問いつづけた。息を引き取ったのは早紀江さんが見舞った翌日だった。

仕事の虫。いつも企画を考えていて、早紀江さんと当時の台北駐日経済文化代表処代表(駐日大使に相当)夫人、盧千恵さんとの本紙対談「独裁・愛・国家」(平成20年3月6日付)も増田さんとの会話からヒントを頂き、筆者が司会した。

出典:産経新聞

増田さんの死因に関しては病気だということです。

事故などの報道は入っておりませんでした。

報道では今から4年前に闘病生活が始まったとのことです。

60代での罹患ということでもしかするとがんなどが死因なのではとSNSではコメントなどされているようです。

乳がんや胃がんなどは日本人の死因の上位にあげられているのでそのように解釈している方もいるようですが病名などの詳細が判明していませんので早計に死去の原因を決めつけるのはよくないとの意見もあります。

今後詳しい病名などの死因が判明いたしましたらこちらのサイトでも追記していきたいと思います。

経歴と学歴のプロフィール

増田敦子さんのプロフィールはどのようなものだったのでしょうか。

学歴や経歴の詳細な情報は探しての現時点ではないようでした。

同姓同名の増田敦子さんという医療関係者の情報は出てくるのですが出版業界の当該人物に関してのものは出てきません。

社会問題に強い関心があり編集者になったとのことで文学部や社会学部などのある大学の卒業なのではと推測されます。

旦那は台湾人?

増田敦子さんの旦那が台湾人という情報がありますが本当なのでしょうか。

調べてみると増田さんの結婚相手と噂されているのが許世楷さんで台湾の方ということです。

台湾も民主化する前は国民党の独裁的な政治で夜間外出禁止令なども発令されるなど強権的な手法が撮られていたようです。

そんな独裁政治の国との関係で拉致被害者の方とも意見があったようです。

しかし結婚していたとの確実な情報はないので法律的な婚姻関係のあった方はいないようでした。

ネットの反応

今の政治家の中で何人拉致被害者の事を思っているのでしようか、最重要課題と力説していたあの人の脳裏に一欠片もあるのでしょうか。

この遺志は、是非引き継いで行って貰いたい。

残念です。ご冥福をお祈りいたします。

必ず全員戻って来ます

私が引き継ぎますがオファーが来ません。

1 COMMENT

匿名希望

増田さんの知人です。
増田さんは生涯独身でした。結婚していたという情報は誤りです。学歴も死因も知ってますが、故人とはいえ個人情報なので書きません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です