天野光稀(響龍)が死去|対戦相手は誰(今福)で取り組み動画は?放置

大相撲の響龍(天野光稀)さんが死去いたしました。

3月の取り組みの際にすくい投げを受けその際に倒れて病院に入院しておりました。

治療を続けておりましたが28日に急性呼吸器不全で死去したということです。

天野光稀(響龍)さんの死去はその年齢が28歳ということで大相撲の関係者に大きなショックを与えております。

取組中での事故となるのかもしれませんが理事長はじめ関係者は今後の安全対策にもより関心を持つべきだなどのSNSでの意見もあるようです。

必死で勝ち星を取りに行った結果が招いた事故。本当に無念でなりません。

倒れたとき、土俵周りの親方衆や若者頭は、医師を含め必死に処置を行いました。今後、審判団を中心とした親方衆には、救命研修が行われるとのことです。

昔のしきたりばかり重視しないで、力士の安全を配慮して改革する時だと思う

本日は大相撲の天野光稀さんの死去に関しての話題です。

天野光稀(響龍)が死去

天野光稀(響龍)さんの死去は多くの相撲関係者に衝撃を与えております。

スポーツ紙が天野さんの訃報を速報しております。

大相撲の境川部屋の三段目力士、響龍(ひびきりゅう)さん(本名・天野光稀)が28日、急性呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。28歳だった。

響龍さんは3月の春場所13日目の取組で、すくい投げをうけて落ちた。意識はあったがうつぶせ状態のまま立つことができず、倒れてから約1分後に、呼び出し3人があおむけにした。

審判の親方衆や医師らが容体をうかがうなどし、倒れてから約6分後に担架に乗せられて土俵を降り、都内の病院に救急搬送されていた。

協会トップの八角理事長(元横綱北勝海)は「この度の訃報に接し、協会員一同、心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様方のご傷心を察しますと、お慰めの言葉も見つかりません。

出典:日刊スポーツ

天野光稀さんは約1か月間の治療でしたが28日に死去いたしました。

年齢が28歳ということで家族だけでなく相撲関係者も驚きを隠せません。

このような事が無いように相撲協会には改革が必要だとの意見もあります。

残念な結果になってしまいました伝統とは又違う何かが現代の相撲には必要なのかもしれません。

対戦相手は誰で取り組み動画は?

天野光稀さんの対戦相手は誰だったのでしょうか。

そしてその取り組み動画は存在しているのでしょうか。

天野さんの対戦の相手は今福です。

勝ち越しがかかった今福―響龍戦。激しい攻防のすえ、土俵際で今福が左からのすくい投げを放って勝利した。

そして勝負がついた後の光景が衝撃的で大きな話題となりました。

誰も天野さんが死去するとは予想していなかったものと思われます。

衝撃的な動画ですがユーチューブなどにアップされております。

結果が就いてからの光景が印象的ですが今後の態勢も問われそうです。

放置?

天野光稀さんがすぐに処置されないで土俵に放置されていた時間が長いと批判が起きているようです。

すぐに処置や治療が必要な場面で7分間ほどの時が経ってしまいました。

どうしてこのような放置のような状態が起きてしまったのでしょうか。

動画も衝撃的ですが今福さんの今後の相撲人生にもどのような影響を与えるのでしょうか。

ネットの反応

ネット上では天野光稀(響龍)さんの訃報に大きな衝撃を受けている方のコメントがたくさん書き込まれております。

土俵上で倒れていた姿があまりにも印象的で恐ろしいなどの意見もあります。

相撲協会への批判や学校スポーツでの相撲の実施を疑問視するようなコメントもあります。

かなりの衝撃的な映像ということでしばらくは天野さんの死去が相撲界の話題となりそうです。

あの時の状況的に協会の手際の悪さが招いた結果ではないだろうか。

響龍さんが土俵上で倒れているときに、
勝ち名乗りをやってた光景を思い出しただけで、非常に憤りを感じます。

28歳で無念であったと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

その後の状態が気になっていました。

やっぱり重症だった。
可哀想に・・・動かすとか、仰向けにさせるとかあり得ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です