松島茂:死因の病気は肺腺がん|文化放送アナウンサーの経歴学歴は?嫁と子供

文化放送のスポーツ実況で活躍していたアナウンサーの松島茂さんが死去いたしました。

死因は昨年から病気で治療中だった肺腺がんということです。

47歳での訃報ということでアナウンサーや放送関係者には驚きの声が広がっております。

熱心な文化放送リスナーだったのですが最近は離れていました。まさか松島アナがこんなことになっていたなんて。いつも張りのある元気な声で印象にのこるアナウンサーでした。ご冥福をお祈りいたします

残念ですご冥福をお祈り申し上げます、
ライオンズナイターだけじゃなく岩本勉のまいどスポーツと競馬や、
相撲トーナメントや箱根駅伝など聞いてました。

40代での死去ということでリスナーの方も驚きのコメントを投稿する方が多数います。

今回は肺腺がんという病気で闘病中であった文化放送アナウンサーの松島茂さんの逝去に関して取り上げます。

松島茂の死因の病気は肺腺がん 文化放送アナウンサー

文化放送の松島茂アナの訃報はオリコンニュースなどがこのように報じております。


 『箱根駅伝実況中継』などでメイン実況を担当し、文化放送のスポーツアナの中心的存在として活躍した松島茂(まつしま・しげる)アナウンサーが、2月23日午前7時20分、肺腺がんのため死去した。

47歳だった。24日に同局が訃報を伝えた。

 書面では「株式会社 文化放送 アナウンサー 松島 茂(まつしま しげる)は、去る2020年2月23日午前7時20分、肺腺がんのため 満47歳にて永眠いたしました」と報告。

「ここに生前の厚誼に対し深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」と伝えた。

出典:オリコンニュース

文化放送では松島茂アナウンサーの死去を受けて追悼番組を放送するようです。

箱根駅伝の中継など花形スポーツのアナウンサーとして活躍してきてこれから円熟の境地に近づいていくのではと思われる矢先の逝去の知らせでした。

文化放送だけでなく関係各社の中には驚いている方がたくさんいるようです。

経歴や学歴は

松島茂アナウンサーは1972年に埼玉県の蕨市で生まれました。

大学は早稲田大学教育学部に進学し卒業後文化放送に入社いたしました。

文化放送ではライオンズの試合や箱根駅伝の中継を担当するなどスポーツ放送の中心的な役割を担ってきました。

そして47歳というあまりにも早すぎる訃報で業界の人材が失われてしまったというような声まであります。

ファンにも親しまれてきた文化放送の顔ともいうべき松島アナの死去はファンにもショックを与えているようです。

嫁と子供はいる?

松島茂アナの嫁(妻)に関しての情報は名前があるのみです。

奥さんの氏名は早苗さんと言うそうですがいつ結婚したのかなどの情報はありませんでした。

そして子供は息子さんがいるようです。

息子さんもスポーツ好きのようですが父親の訃報でかわいそうだとの声がTwitterでもあがっています。

40代での死去は本当に残念でなりません、心からご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

ラジオでの仕事がほとんどでその声を他のメディアではあまり聞きませんでした。

しかし、その声はとても聴きやすくユーモアがあったとリスナーの方は評価しておりました。

肺腺がんということですが抗がん剤の影響で終末期にはかなり体力が奪われていたようです。

まだ47歳と若かったのに残念です。
ご冥福をお祈りいたします。

寂しい。
ユーモアがあって実力もあるスポーツアナだったよ。

ホントに平均寿命は伸びているんだろか。

お悔やみ申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です