ケイジサコダが死去|死因の病気,死亡原因はステロイド?

アメリカ人プロレスラーのケイジサコダさんが死去したとの速報が流れております。

ケイジサコダさんは年齢が46歳でゼロワンやWWEなどで活躍していた日本生まれのレスラーです。

40代でのケイジサコダさんの死去は日本のプロレス団体の多くの方も衝撃を受けているようです。

本日はアメリカのプロレスラーであるケイジサコタさんの40代での訃報に関して取り上げます。

ケイジサコダが死去

ケイジサコダさんの死去はスポーツ新聞などが速報で報じております。

ゼロワン、WWEなどで活動していた米国人プロレスラー、ケイジ・サコダさんが死去したと27日(日本時間28日)、複数の米専門メディアが報じた。9月2日に死去、46歳だった。

日本で生まれ、米カリフォルニア州育ちのサコダさんはアメフト選手を経験後、00年から本格的に米インディー団体へ参戦。

ゼロワンではサモア・ジョーとNWAインターコンチネンタル・タッグ王座を獲得し、スティーブ・コリノ、ネイサン・ジョーンズらと共闘した。

出典:日刊スポーツ

ケイジサコダさんの死去はその年齢が46歳といことで多くのファンが驚きを隠せないようです。

日本生まれということでアメリカ以外でも人気がありました。

大きな上半身で印象的なプロレスラーでしたが一体何が起きていたのでしょうか。

死因の病気,死亡原因は

ケイジサコダさんの死因は何だったのでしょうか。

公式には死亡の原因などは公開されておりません。

プロレスラーの選手などは身体にかなりの負担をかけます。

さらに選手の寿命も比較的長いということで心身ともに疲弊する方もいるようです。

ケイジサコタさんの死因は今後の調査を待つしかなさそうです。

ステロイドとは

ケイジサコダさんに関しては日本のファンもステロイドをやっているのではなどの意見を持つ方もいるようです。

これが死因につながったのかどうかはわかりませんがネット上ではいろいろな憶測が飛んでおります。

死亡の要因などは科学的にきちんと調べないと何とも言えません。

誹謗中傷や根拠のない噂に騙されないようにするべきだなどの意見もあります。

ネットの反応

SNSでは日本生まれのレスラーであるケイジサコダさんの訃報に悲しみのコメントがあります。

死因がはっきりと公開されていないのが気になるという方もいます。

それにしても40代での死去ということで日本国内のプロレスファンの方もショックを受けている方も多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です