前田勝が死去で死因は心筋梗塞:大学はどこで現在は?【相撲】

元大相撲の幕下力士の前田勝さんが死去いたしました。

死因は心筋梗塞の病気ということです。

死亡した年齢が38歳ということであまりにも早すぎる訃報に関係者はショックを受けているようです。

ネットでも今回の死去に対して驚いているようなコメントが多いようです。

若いのに、
お相撲さんは無理に身体を作っていて怪我も多く
どうにも不健康

その巨体で幕下の万人として君臨し、
関取を目指す力士たちの壁として永らく務めてたから、
関取経験が無い力士ながら印象に残っていた。
引退の次のニュースがこんな形になるなんて…

前田勝さんは前田として活躍しておりました。

その雄姿をおぼえている方も多いようで本当に残念だなどの声が多いようです。

今回は心筋梗塞で死去した前田勝さんに関しての話題です。

前田勝が死去で死因は心筋梗塞|相撲

大相撲の元幕下の前田で活躍した前田勝さんの死去はスポーツ紙が各紙速報しております。

大相撲の元幕下前田の前田勝さん(まえた・まさる)が26日夜に岩手県八幡平市の病院で死去していたことが27日、分かった。38歳。

関係者によると死因は心筋梗塞で、同市で子どもたちを稽古指導してる際に突然倒れたという。

前田さんは26日も同市の平舘高の相撲道場で子どもたちを指導していたが、稽古終了直前の午後7時30分ごろに突然転倒した。「(ぶつかり稽古で)胸を出し終わって、みんながテーピングを外しているときのことだった。(子どもの)保護者が倒れたことに気付いた」と、現場に居合わせていた同社の遠藤良貴社長。

出典:日刊スポーツ

前田勝さんは38歳というあまりにも早い訃報ということで関係者は一様に驚いております。

力士の健康問題も今後提起されるのかもしれません。

AEDなども使用したようですが残念ながら30代での死去ということになってしまいました。

大学はどこ

前田勝さんは大学を経て大相撲にすすみました。

大学は日大出身です。

大学相撲はほとんど日本大学の独壇場と言ってもいいでしょう。

他にも強い大学はありますがやはり日大相撲部が群をぬいた実績があります。

現在は?

前田勝さんの相撲を引退して現在まではどのような職業だったのでしょうか。

現在までは

引退後は八幡平市で稲、野菜などの土壌を研究、開発する会社「三研ソイル」に就職していた。分析課で肥料成分の管理業務などに従事する一方で、同社相撲部にも所属。週に3回、同市の小中学生を指導していた。

という風に伝えられております。

肥料などの管理業務をしていたというのは意外な感じもします。

その一方で少年たちに相撲を指導していたということです。

その指導中に今回の心筋梗塞を起こしてしまいました、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

ネットとTwitterの反応

前田勝

現役の間はしょうがないにしても、引退したら、食習慣を見直して、大幅に減量しなければ

相撲取りは、無理やり食べて体重を増やさないといけない。そのため、病気とのリスクがある。

スポーツは、心身の健康維持でやるのがいい。身体に無理させてまでやる必要があるのか疑問だ。

関取になれるかなーと思ってたら、
なれずに終わってしまったのが心残りだった印象。

ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です