テラハ打ち切り本当の理由はTwitterショックで決定?最悪と残念とは

フジテレビで放送されていた「テラスハウス」が打ち切りになることが決定いたしました。

木村花さんの死去により今後のテラハという番組の制作の継続が困難となりました。

Twitterなどでは当然だなどの意見がたくさんあるようです。

打ち切りは当然だし番組は放送に至るまでの背景を説明する義務もあると思う。台本やヤラセの有無、安全な場所で出演者を囃し立ててきたタレントの因果関係など。

打ち切りは当然ですが、フジテレビはきちんと調査して説明すべきです。

これで幕引きにせず、事態をどこまで把握していたのか、出演者に対してどのようなケアをしていたのか、していなかったのか、包み隠さず事実を公表してもらいたい。

フジテレビや制作会社への責任問題を問うコメントも多いようです。

今回はテラハ打ち切りの本当の理由などに関して取り上げます。

テラハ打ち切り本当の理由は

テラハの打ち切りの決定はこのように報じられております。

公式ツイッターやフジテレビの番組サイトで27日夜、「『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』に関しましては、制作を中止する事を決定致しました。

この度のことを重く受け止め、今後も真摯に対応して参りたいと考えております。」などと発表された。この決定に、公式ツイッターにはさまざまな意見が寄せられた。

「打ち切りは当たり前」「当然の決定」などの意見も多く見受けられ、「番組側はどこまで黙認してしまっていたのかなど、真実を明らかにしていただかないことには、花さんは浮かばれない」「改善しない限り二度とやらないでください。製作側も同罪」「SNSがある以上、このような番組はダメ。

同じフォームの番組は二度としないでいただきたい」と改めて検証や再発防止を願う声が多く届いている。

出典:デイリースポーツ

木村花さんの死去によりこのテラハという番組が打ち切りの決定になったというのが世間の味方です。

テラハ打ち切りの本当の理由などは他にあるのでしょうか。

これはコンテンツが人気があり内容がより過激になっておりそれを忌避していたファンなどもいたのも事実のようです。

しかし、スポンサーや広告などもついており視聴者数が伸びることが良しとされていた中でこのようなことが起きました。

テラハの打ち切りの本当の理由などは無くまさに木村花さんの死去によりフジテレビや制作会社が制作や放送を中止せざるを得なくなったのが事実との意見が多いようです。

Twitterショック

テラハでの木村花さんの死去はTwitterでショックを受けたことが直接の原因だとのメディアの報道が大勢です。

Twitterは気軽に書き込めてダイレクトにやり取りもできますがその気軽さが今回の悲劇の要因だったとの指摘もあります。

悪いことを書かれれば当人はショックを受けますしそのようなことへの想像力が欠如している人がSNSを使用するのはどうなのかなどの意見もあります。

今後はTwitterのあり方も問われてきそうです。

最悪と残念とは

テラハ打ち切りに関して調べていると「最悪」や「残念」などの文字が出てきますがこれはどういうことなのでしょう。

テラハは根強い人気があり見ている人が感情移入しやすい特徴がありました。

今回のようなことが起きてもファンはいてテラハの打ち切りを最悪や残念などと表現する人もいるようです。

個々人がどういう意見を持つのかは思想の自由で憲法が保障しておりますがそれらを表現するときには何らかの規制なども必要となってくる場面も出てくるのではと感じている人もいるようです。
今後のテラハはどうなるのでしょうか。
今シーズンの制作と放映はしないとのコメントが出されましたが来シーズンではテラハが復活するようなニュアンスがあります。

これに関しても多くの意見が寄せられているようです。

ネットの反応

番組の終了を惜しむような視聴者がいる事が違和感。
異様さを感じる。

制作会社の過剰な演出により視聴者に誤解を与えた事はあってはならない事だとと思う。
番組制作会社の倫理観を問う。

また制作委託会社であり放送したフジテレビの罪は大きいと思う。
両社はきちんと視聴者に何が現場で起きていたのか明らかにすべきだと思う。

台本の有無とか、リアルorフィクションなどが言われているけど、出演者は、生活の様子が撮影されて、それが放映されていることを知っているのだから、答えは明らか。

フジの言い分通りにするなら、ホントに秘密で隠しカメラで撮影しなきゃなんないね。で、全部撮り終えるまで黙ってて、一気に放映しないと。

マスメディアがこの問題を、ネットの誹謗中傷だけに問題化させてる所に違和感を感じます。

誹謗中傷は良くないけれど、製作者側にも責任はあるはずです。
そもそも間違いなく台本なり、脚本があって成り立っていた番組だと思う。
いわゆる”やらせ”でしょう?

テレビ(ニュースやワイドショー)は製作者側の責任についてももっと報道せよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です