イーストエンタテインメントの責任は|社長は誰で岡野とは?【テラハ制作会社】

テラハの制作会社のイーストエンタテイメントが番組の打ち切りを公表しました。

ネット配信も中止となり木村花さんの死去によりテラスハウスは番組自体が終了することとなりました。

この決定を受けてTwitterでは様々な意見がツイートされております。

第三者員会を設け、しっかり検証してほしい。

制作する側、主演者、視聴者の
考えが色々混じりSNSだけの
責任になっているが。

木村さんの死去により初めてテラスハウスという番組を知った方も多いようです。

今回はこのテラスハウス(テラハ)の制作会社のイーストエンタテイメントに関して取り上げます。

イーストエンタテインメントがテラハ制作会社

テラハの制作会社が番組の打ち切りを公表いたしました。

フジテレビ系やネットフリックスで配信されていた恋愛リアリティー番組「テラスハウス」を制作していたイースト・エンタテインメントは27日、同社の公式サイトで番組の打ち切りと配信中止を発表した。

同社は「この度、番組に出演されていた、木村花さんがご逝去された事について、改めてお悔やみ申し上げます。またご遺族の方々にも深く哀悼の意を表します」と追悼のコメントを掲載。

 そして「『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』に関しましては、今後の収録及び放送、FODでの配信を中止する事を決定致しました。この度のことを重く受け止め、今後も真摯に対応して参りたいと考えております」と記した。

出典:スポーツ報知

テラハの番組の打ち切りをイーストエンタテイメントは発表しました。

そしてコンテンツ配信でのFODも中止となりテラスハウスというコンテンツは新たには配信や放送は今後なされません。

木村花さんの死去はとりもどすことができませんし哀悼の意をどれだけ表しても戻ってくることはありません。

イーストエンタテイメントがどのような番組を制作していくのかも社会は注視していくことになるでしょう。

社長は誰で責任は

イーストエンタテイメントは番組の再作会社ですが社長は誰なのでしょうか。

こちらの会社の代表取締役は2人います。

代表取締役会長:富永正人
代表取締役社長:角井英之

上記の富永氏と角井氏が代表取締役として会社の責任を背負っている形になります。

2010年設立ですが恋愛リアリティー番組だけでなくバラエティやドキュメンタリーなどの番組制作を担っている会社です。

今回の木村花さんの死去の責任問題が浮上しておりますがフジテレビやTwitter社、さらに中傷誹謗したツイートをしたものなど誰に責任があるのか議論がまだ続いております。

岡野氏とは?

イーストエンタテイメントをネットで検索すると「岡野」氏という人物名が出てきます。

この岡野氏がテラハの制作にもかかわっていたのでしょうか。

岡野氏はテラハのディレクターのようですが今回の一件とどのような関係があったのかに関しては情報が出てきません。

岡野氏の新情報などがTwitter関係から出てきた際にはこちらでも追記しようと考えております。

ネットの反応

誹謗中傷が原因だと言うけれど、視聴率のために演出で煽って視聴者に怒りの感情をいだかせたのは制作側。

ガッツリやるんだったらこのご時世
24時間リアル配信し続ければよかったのに
そうすれば定期的な撮影時以外は人がいない

打ち切りは当然ですが、打ち切りしたからもうおしまいにはしないでください。フジテレビはどうなっているんでしょう?矛盾やバイキングの原宿の大ウソ混雑報道もそうだけど、しっかり今後の対応策を考えて責任取ってください。

この番組だけではない

何も解決しないこのくそ記事!

この記事自体も存在意義が問われている!

消えろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です