テラハの女性スタッフ=姉御とは誰で名前は?衝突の演出か:ポストセブン

テラハは台本がないという設定でしたがその演出にはスタッフの支持があったとニュースポストセブンが報じております。

そのスタッフの中で「姉御」と呼ばれていた女性がいてかなりの現場に対する影響力があったようです。

このような状況にTwitterなどSNSで批判も起きているようです。

心のケアやフォローをちゃんとしてあげないと。誹謗中傷に気づいていたなら、制作者側にも責任があると思う。どうして、守ってあげなかったんだろう。

今は昔と違い視聴者が簡単に良くも悪くも自分の意見を言えるようになっている。
つまり制作側は出演者を悪意から守るスキルを身につけないといけない。

今回は報道されているテラハの女性スタッフの「姉御」と呼ばれていた人物に関して取り上げます。

テラスハウスは衝突の演出か:ポストセブン

テラスハウスの衝突のシーンは演出だったのではないかとニュースポストセブンが報じています。

「出演者の有名になりたいという欲とボーナスが、事件やハプニングを起こす起爆剤です。私がスタッフとしてかかわっていた頃は、キスをしたら5万円ほどのボーナスを渡していました。ただ、少し前のシーズンからはボーナスを渡さなくてもキスをするようになったし、ディレクターの指示にも素直に従うようになったので、報酬制度はなくなっています」

素直に指示に従うようになった理由には、1人の女性スタッフの存在があったようだ。元出演者の知人が語る。

「スタッフの中に姉御的な人がいて、一時期からメンバーはその人の顔色窺いばかりしていたそうです。その人に嫌われると出演シーンが減ったり、おいしい“指示”が来なくなる。

“姉御”との関係性にストレスを感じて卒業したメンバーもいると聞いてます。有名になりたくてテラハに応募する人が多いので、“姉御”がどんどん絶対的な権力を持っていったようです」

出典:ニュースポストセブン

この女性スタッフの「姉御」が次第にテラハの出演者への影響力が大きくなっていったようです。

この姉御的女性スタッフに気に入られることで番組の中での出演シーンが多くなっていったようです。

つまりこの「姉御」の要求を受け入れることが有名になったりテレビなどへの出演時間の確保につながっていた可能性がある可能性があるとのことです。

テラハの女性スタッフ=姉御とは誰で名前は?

このテラハの女性スタッフで「姉御」とニュースポストセブンで表現されている人物とは誰なのでしょうか。

報道の中では「姉御」としか記載されておりません。

年齢や個人の特定につながるような報じられ方はされておらず姉御が誰かや名前の特定は現時点ではできておりません。

Twitterで特定か

このテラハの女性スタッフの姉御に関しては誰かは今のところ特定できておりません。

しかし、Twitterなどで情報が出回る可能性もありますのでSNS関係にも注目してこの姉御が誰なのかの手掛かりを探したいと思います。

フジテレビの社員なのか関連会社のスタッフなのかわかりませんが情報が次第に出てきているようですので新情報があれば追記するか新記事に書いていきたいと思います。

番組へのネットの反応

木村花さんは、プロレスというエンターテイナーとしてヒール役だったが、それはあくまでプロレスを盛り上げるためで、そもそも最初からヒールではない。それまでの流れを知っているファンは、誹謗中傷なんてしないでしょう。
ただ、何も知らない視聴者が。テラスハウスの中でいきなりそのような振る舞いを見たら、「何なのこの人?」となり誹謗中傷へ繋がるのは当然の流れでしょう。どうしてケアをしてあげなかったのか。
番組を盛り上げるためなのでしょうが、そのような無責任すぎる番組作りをするならもう打ち切るべきです。
第二、第三の被害者をださないためにも。

この番組はリアリティショー=現実の様に見せているエンタテイメントであって、ノンフィクションでもドキュメンタリーでもありません。
何故かそれを本当のことだと思い込み、彼女に誹謗中傷を浴びせていた視聴者を理解することが出来ません。
フジテレビと制作会社の方は、番組内で過剰な演出を行い誹謗中傷があることを承知の上で、それを炎上商法として利用していたことの謝罪をするべきだと思います。

テラハの今後は番組の終了になるような感じでの報道です。

確かに社会的な影響が大きく今回の木村花さんの死去で番組のファンもかなり離れたようです。

より過激なコンテンツを目指してしまうのは昨今のユーチューバーも同様ですが多くの人に影響を簡単に与えてしまうメディアの役割を今一度考えるときに来ているのかもしれません。

そしてこの報道されている女性スタッフの「姉御」という方には反省をしてもらうしかなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です