死因は脳出血:ジョルジュデュブッフが死去 wiki人物とワイングラス

ボジョレワインの有名な醸造化のジョルジュデュブッフ氏が死去いたしました。

日本で早飲みのボジョレーヌーボーを広めた実績がありプロモーションで秋になると来日するのが恒例になっておりました。

日本人のワインへの関心を高めた功績がありジョルジュデュブッフ氏はボジョレの帝王とも言われてきました。

庶民にワインを広めたという意味では、功績があると思う。

デュブッフ氏のヌーヴォーはラベルもかわいらしくて女性受けも良かった。

享年86歳ということでしたがワイン業界などの関係者には驚きが広がっております。

死因は脳出血:ジョルジュデュブッフが死去

ジョルジュデュブッフ氏の死去に関しては共同通信などがこのように報道しております。

フランスのメディアによるとフランス・ボジョレ地方のワイン醸造家のジョルジュ・デュブッフ氏が4日、南部ロマネシュトランの自宅で脳出血を起こし死去した。86歳だった。

1933年、古くからワイン醸造に関わってきた家庭に生まれる。

1964年に自らの名前を冠した企業を設立。産地の特長を生かし、品質にこだわったワインはフランス料理の有名シェフに認められた。

新酒ボジョレ・ヌーボーを日本を含めた世界に広めることにも貢献し「ボジョレの帝王」と呼ばれた。

出典:共同通信

ジョルジュデュブッフ氏の死因に関しては脳出血ということです。

86歳という年齢を考えるとどのような病気が起きても不思議はないのですが脳出血のような急性の病に倒れたということで業界の方は驚いているようです。

ボジョレーヌーボーがバブルのことに日本で大々的に取り上げられ始めて国内で本格的に消費されるようになりました。

当時は本格的なワインがあまり流通しておらずコンビニやスーパーなどはまがい物がたくさん売られているような状況でした。

それが日本人の旬を求める行動と新酒のワインという好みが一致し大ブームになりました。

近年は一時期のブームはおさまりましたが秋になるとジョルジュデュブッフ氏のボジョレーが店頭に並びます。

ボトルのデザインが特徴的でかわいいとの評価もあり日本での大成功の要因となりました。

wiki的人物像は?

ジョルジュデュブッフ氏のwiki情報はありませんでした。

1933年 ボジョレーマコン地区で生まれる

1964年 自身の会社設立

1990年代 日本でのプロモーションで成功

初期のころは自転車にワインを載せて近くのレストランなどの飲食店などに卸していたそうです。

11月の第3木曜日に解禁になるボジョレーヌーボーに焦点を合わせた販売戦略をとり特に日本で大成功をおさめました。

航空機の便で毎年ボジョレーワインが到着したニュースが流れるのはもやは風物詩にさえなっております。

ワイングラスも販売していた?

ジョルジュデュブッフ氏は直接ワイングラスの販売などはしていませんでした。

しかし、彼のように名前が売れてしまうと関連商品にも名前を刻んで販売しようとする戦略が出てきます。

その中で名前入りのワイングラスなども販売されていたようです。

現在は販売はされていないようでメルカリやヤフオクなどで中古品が出品されているだけのようです。

繰り込みなどを見るとリーデルなどの本格的な物よりもガラスの厚みがあり飲み口はあまりよくなさそうな評価でした。

しかし、故ジョルジュデュブッフ氏を偲んで落札する方もいるのかもしれません。

ネットの反応

この方は色々なことをしちゃってたから。
お悔やみ申し上げます。

ブランディングだけが先行しているだけで、ワイン自体については、あんまり美味しくはない。

アルコールは体に悪いよ。

ええっ!?あの「デュブッフ」氏がねえ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です