【死因は肝臓がん】ウィリーブラシアーノタビが死去で経歴は?

イタリアサッカーリーグのセリエAの選手が20代で病気のために死去したとの報道が入ってきました。

死去したセリエAの選手とはウィリーブラシアーノタビ選手で21歳の若さでの死亡ということです。

死因は肝臓がんということですが20歳前半でのがんでの訃報はサッカー界に大きな衝撃を与えております。

今回はセリエAの選手であるウィリーブラシアーノタビさんの死去に関しての話題です。

ウィリーブラシアーノタビが死去

ウィリーブラシアーノタビ選手の死去は世界的に報道されております。

セリエAのアタランタは24日、MFウィリー・ブラシアーノ・タ・ビが亡くなったと発表した。享年21。

『フットボール・イタリア』によると、死因は肝臓がんだという。

クラブによると、同選手は母国に戻って数か月間の治療を試みたが、23日に帰らぬ人となった。

出典:https://web.gekisaka.jp/

ウィリーブラシアーノタビ選手の死去はその年齢が21歳ということで世界中のサッカーフリークにショックを与えております。

肝臓がんでの死去ということですがどうして早期発見ができなかったのでしょうか。

そしてコロナウイルスとの関連はなかったのかなどの意見もネット上にはあるようです。

経歴は?

ウィリーブラシアーノタビ選手のこれまでの経歴はどのようなものなのでしょうか。

1999年12月5日生まれで、母国のコートジボワールでプロデビュー後、19年にアタランタに完全移籍。17歳だった17年5月31日のベナンとの国際親善試合でAマッチデビューを飾った実績を持つ期待の若手選手だった。

セリエAのアタランタという名門チームでミッドフィルダーとして活躍するというのは並大抵のことではありません。

年齢も21歳と若く将来が期待されているフットボーラーでした。

母国のコートジボワールでも将来が期待されていた選手でしたが今回の訃報となってしまいました。

死因は肝臓がん

ウィリーブラシアーノタビ選手の死因は肝臓がんということです。

若い年代での肝臓がんというのはあまり無いようです。

高齢の方では肝臓の機能も落ち長年の酷使から病気になる方も多いようですが21歳ということで遺伝的なものもあるのかもしれません。

母国で最終的には治療をしていたようですが最善の方策は他にはなかったのかなどの意見も日本国内にはあるようです。

SNSでのコメント

SNSではウィリーブラシアーノタビ選手の死去にコアなファンからコメントがあります。

その多くはやはり年齢が20代ということで驚いたというようなものが多いようです。

日本でも21歳でがんにより死去したとなるとかなりの衝撃です。

それがイタリアの名門チームに所属していた将来を嘱望されていた選手ということでイタリアでもかなりの話題になっているようです。

サッカーも人生もこれからだったろうに残念です

こんな若いのに肝臓癌? B型肝炎とか? 

それならサッカー選手になるのはキツいか、、、。 まだ、お若いのに残念です。合掌。

まだとても若いから将来があったのに…

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です