【吉田晃敏】暴言パワハラと人物の評判とは?文春|出身大学,学歴

旭川医科大学病院がコロナ患者の受け入れで問題があったのではないかと報道されております。

その受け入れにかかわっていたとして学長の吉田晃敏氏が文春オンラインで取り上げられております。

その発言が暴言として報じられておりネット上でも波紋を呼んでいます。

とりたくないのはわかるけど、大学病院が拒否したら民間病院はたまったもんじゃない。設備もないと思うし。

この件は旭川だけの問題ではない。状況が違っても、医療崩壊はどの市町村でも起こりうる。毎日のように患者が増え続けると、いづれは、自分が住んでいる町で医療崩壊が起こるかもしれない。そのとき、感染して病院に行けないのは自分かもしれない。

吉田病院側にもいろいろ問題があるのかもしれんが、目先はクラスタの拡大を防ぐのが最優先のはずなのに、地元で一番の医療機関がそれに協力しないってのはいかがなものか。

様々な事情が旭川医大にもあるのかもしれないとの意見もありますが文春報道が事実とすれば残念だとのコメントが多いようです。

吉田晃敏が暴言?文春

文春オンラインでは旭川医大の学長の吉田晃敏氏の発言が暴言として報じられております。

現在までに患者や職員ら200人以上が感染した慶友会吉田病院。感染を封じ込められず、クラスターが発生してしまった同病院は、同じ市内にある国立旭川医科大学病院を名指しして、ホームページ上に、「感染患者の受け入れ拒否で転院が遅れた」などと批判(12月1日付け、現在は削除)し、波紋を呼んでいた。

なぜ旭川医科大学病院は、コロナ患者の受け入れを拒否したのか。「週刊文春」が旭川医科大学病院の関係者に取材を重ねると、同大学の吉田晃敏学長(68)の意向だったことが分かった。

足掛け14年にわたって大学トップに君臨し、大学病院に対しても強い影響力を持っている吉田学長が、「受け入れは許さない」などと病院長に言い渡し、クラスター発生の初期段階で受け入れを拒否させていた。

「週刊文春」では、11月17日に吉田学長と十数人の病院幹部らが集まった会議の場の音声を独自に入手。そこで、吉田学長はこう発言していた。

「コロナを完全になくすためにはあの病院(クラスターが発生した吉田病院のこと)が完全になくなるしかない、ということ」

https://bunshun.jp/

文春オンラインでは、旭川医大の吉田晃敏氏の発言を取り上げております。

その発言内容を暴言として報じておりますが、その言葉が事実なら信じがたいものです。

発言自体は学長は否定しているようでその真偽が問われるところのようです。

新型コロナウイルスのクラスターが旭川の病院で起きてしまい医療崩壊が現実のものとなりつつあるとの認識が広がりつつあります。

今後旭川市の医療はどのようになっていくのでしょうか。

パワハラと人物の評判とは

吉田晃敏氏の人物としての評判を調べようと氏名を検索すると「パワハラ」という文字が出てきます。

吉田氏がパワハラなどをしていたのでしょうか。

これは調べてみても具体的なパワハラの案件などで確定的なものはありません。

単なる噂として吉田氏のパワハラの情報がネット上にあるかのようです。

学長を務めている年数が長くいろいろな評判があるようですが新型コロナウイルス対策の最前線にいるということは間違いないようです。

出身大学,学歴

吉田晃敏学長が文春に取り上げられてその学歴や経歴などのプロフィール面もSNSを中心として関心がある方が多いようです。

出身大学は旭川医科大学医学部です。

その後ハーバード大学にも留学経験のある医師ということで一目置かれるようなドクターだったようです。

昭和54年5月 旭川医科大学医学部 卒業
6月 同大学医学部附属病院眼科 助手
昭和55~58年 ハーバード大学眼科 留学
昭和60年4月 総合病院釧路赤十字病院 眼科部長
昭和63年4月 同大学医学部眼科学講座 助教授
平成元年 ハーバード大学眼科 留学
平成11~17年 同大学医学部附属病院 手術部長
平成18年 総務省アジアブロードバンド国際遠隔医療プロジェクトリーダー

引用:https://sangakukan.jst.go.jp/journal/center_contents/author_profile/yoshida-a.html

素晴らしい経歴で母校の学長に就任しました。

文春の報道が今後旭川医大にどのように作用するのか不安視している方もいるようです。

とにかく今の旭川市の医療の状態をなんとかすることが喫緊の課題です。

SNSの反応

吉田晃敏学長への暴言報道が文春でありました。

さらに検索結果にパワハラなどの文字が出てくる事でイメージが落ちてしまっていることは否めないでしょう。

SNSでも批判も多いようです。

しかし、コロナ感染対策が不十分なまま感染者を受け入れてさらなるクラスターを発生させてしまえば元も子もなくなるというような意見もあります。

これが日本医療の現実。

そもそも欧米に比べて感染者数・死亡者数ともに桁違いで少ないのに何故医療崩壊の話になるのか。
日本の病院数は世界一多いのに、医療従事者は病院数に見合った人数がおらず、人口1000人あたりの医療従事者数は世界の平均以下で、限られた医療従事者が分散しまくっている。

今回治療にあたっている病院も例外ではなく慢性的に人手不足。
なのに医学会は、政府を批判し、国民には自粛を呼び掛けるだけで、多数の治療にあたっていない病院から治療病院への人的支援をしようといない。
まるで他人事で、治療病院だけが過酷な状況を強いられている。

旭川市民です。日赤や医大はドクターヘリや高度救急医療を担うし、吉田病院は他の病院では拒否されるような寝たきりや認知症患者を多く受け入れるし、どちらの病院も絶対に必要なのですよね?

厚生病院と吉田病院が実質ストップしていて、日赤でもぽつぽつ陽性者が出て一部手術などができなくなったと先日報道があり。
現実問題、医大まで倒れるわけにはいかないのでは。受け入れ拒否が仕方ない部分もあると思う。。近隣の市町村に出張医もたくさん派遣しているのだろうし。

1 COMMENT

あんパン

ハーバードにいたからすごいのではなく、緒方洪庵のように患者に寄り添えるかどうか。医師は人格者でなければ勤まらない。本人も患者にとっても優しさが不可欠。残念ながらこの方は進む道を間違えた。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です