千葉県立高校黒染めスプレーどこ?髪染めの学年主任の女性教諭は誰か

千葉県の県立高校で卒業式の日に学年主任の女性教諭が生徒に黒染スプレーをかけたとして弁護士会が人権侵害だとして警告書を出したということです。

髪染めの際にゴミ袋をかぶせてスプレーしたようで批判のコメントなどもあります。

その一方でルールに従うべきなのではという意見もあり喧々諤々のネットでの意見の交錯になっているようです。

今の時代には合わない指導だと思うけど、決まりを守らなければ何か罰則があることを教えるのも教育の一つなのではと思う。

各高校はHPとかにわが校の校則はこうこうこうですと掲載公表した方が良い。
それを検討して入学試験等、目指してくださいとした方が良い。

生徒の髪を黒いスプレーで染めても根本的な解決にはならないとのコメントもあります。

今回は千葉県で起きた卒業式の当日の生徒の黒染めスプレーに関しての話題です。

千葉県立高校黒染めスプレーどこ?

千葉県立高校での黒染めスプレーはどこなのでしょうか。

朝日新聞では髪染めの弁護士会の人権侵害の警告書に関して下記のように報じております。

昨年3月の県立高校の卒業式当日、学年主任の女性教諭が「毛先が赤い」と注意し、当時3年の女子高校生の頭髪に黒染めスプレーをかけたのは人権侵害にあたるとして、千葉県弁護士会は6日、県教育委員会や同県立高校に再発防止を求める警告書を出した、と発表した。

県弁護士会によると、母親から同会に人権救済の申し立てがあったという。同会は、体罰に準じる対応で学校教育法上許されないと指摘。憲法が保障する自己決定権と表現の自由を侵害しているとした。

県教委は「同意の上の行為と認識していたが、事実関係を確認したい」とコメントした。

出典:朝日新聞

千葉県の県立高校での卒業式の日に赤い髪の生徒を黒染めのスプレーで黒くしたということです。

この髪染めの件に関してはルールを守らない生徒が悪いのではなどのコメントも多いようです。

千葉県の教育委員会では生徒も了承の上で黒染めのスプレーを使ったという認識だったようです。

しかし今回の弁護士会の警告書により再度事実関係を生徒などから聞く方針とのことです。

この千葉県立高校での黒染めスプレーの学校名はどこなのでしょうか。

現時点では高校名などは公表されておりません。

今後はSNSなどから千葉県の髪染めの高校名なども特定できる可能性もありますのでそちらを注視していこうと思います。

千葉県西部の県立高校という情報が出てきました。

しかし、千葉県の西部という情報だけではこの県立高校を特定することができません。

今後もこの千葉県の県立高校の情報があれば追記していこうと思います。

髪染めの学年主任の女性教諭は誰か

千葉県の公立高校で起きた生徒への髪染めの行為をした学年主任の女性教諭にも注目が集まっているようです。

この女性教諭とは誰なのでしょうか。

高校名がまだ特定できておりませんのでこの学年主任の女性教諭の名前なども現時点ではわかっておりません。
5chなどの掲示板から情報が出てくる可能性もありますのでそちらを調査していこうと思います。

校則

千葉県の公立高校での髪染めが話題になっております。

ネット上では校則に従わない生徒は問題はないのかなどの問題的もあるようです。

校則と人権の問題で当事者がどのように感じるかの問題でもありなかなか解決が難しいのかもしれないなどの意見もあります。

生徒サイドの同意の有無も重要なポイントとなっていくようです。

Twitterのコメント

Twitterではこの千葉県の高校の黒スプレーの問題の多くの書き込みがされております。

校則のあり方や権利の問題にも踏み込んでおりそれぞれの意見があるようです。

根本的な今回の県立高校でも髪染め問題はどのような決着を見せるのでしょうか。

いつも思うが、生徒の素行は報道しないのかな?社会にルールがあるように、学校にもルールはあるでしょ?
髪は染色しないで、清潔感があるようにするとか。
先生もやりすぎなところあるが、生徒のほうにも問題がないか、確認しないのかな?
いつも、報道は先生が悪と言うような感じですけど。

ルールを逸脱したいのならば、公式の卒業式に出ずに仲間内で私的な卒業パーティーを企画すれば良かったのに。
反骨精神を示すのならば、徹底的にすれば良い。

ちょっとの事で騒ぎ過ぎ、弁護士も仕事がないのか知れないけどいちいちこれぐらいの事を大事にすべきではない。
こんな事されたら教師が生徒を叱る事なんて出来なくなるだろうに、、、。

あってはならないことですが、個別の事例を公表したところで何も変わらないのではないか。人権侵害、表現の自由を訴えるなら全国の学校の校則自体を変えていかなければ何も変わらないのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です