日本工業大学飲み会メンバーを特定か?事故の犯人の実名は

日本工業大学の2016年の新宿の明治神宮外苑で行われた現代アートのイベントで起きた事件の裁判があります。

この事件ではジャングルジムのような展示物の中でライトが原因で事故が起きました。

白熱球の熱により悲劇が起きましたがこの日本工業大学の2人の学生は裁判では無罪を主張しております。

日本工業大学の当時19歳の大学生の無罪の主張にSNSではいろいろなコメントがされているようです。

以前使ったときに、本当に誰も熱量を感じなかったのなら、その全員に熱を感じる神経に異常があるわけだけど、そんな特殊な人が複数集まる確率ってどのくらいなのだろう?

不特定多数の集まるイベントなどで安全対策を確認するのは当然であり、実行責任者はそれを怠った責任は大きい。

様々な責任問題も浮上しているようですがこの裁判はどのような経緯をたどることになるのでしょうか。

今回は日本工業大学での事件に関してネットで言われている事柄に関して取り上げます。

日本工業大学の当時の学生が無罪主張

日本工業大学の学生がイベントで起こした事故で当時19歳だった男子大学生が無罪の主張をしていると報じられております。

明治神宮外苑のイベント会場で2016年11月、展示物の木製ジャングルジムの内部に白熱灯を放置したなどとして当時19歳の大学生だった男性(23)ら2人の初公判が19日、東京地裁(下津健司裁判長)であった。2人は事実関係を認めて被害者に謝罪した上で、「考えられませんでした」などと無罪を主張した。

展示物を制作したのは日本工業大(埼玉県)の学生ら。検察側は冒頭陳述で、「高熱を出す白熱灯を内部に放置すれば、展示物に付着していた大量の木くずに引火することが予見できた」と主張した。
 弁護側は「事故以前にも、展示物内部で白熱灯が使われたことはあった」などと述べた上で、「点灯時に出火の危険を覚えるほどの熱量は感じておらず、何らの過失も認められない」と訴えた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081900175&g=soc

日本工業大学の学生たちの展示物には引火しやすい木くずと高温になる白熱球が至近距離に置かれておりました。

それが原因で事件が起きたのですが当時19歳だった男子大学生は高熱になることが予見できなかったというような主張のようでこれに関しては重過失があるのではなどとネット上では批判が起きております。

検察と当時の男子大学生との主張が真っ向からぶつかり合うような裁判となりますがどのような結果になるのでしょうか。

飲み会メンバーを特定か?

日本工業大学の事件に関して調べていると「飲み会」などの単語が出てきます。

これは主宰の東京デザインウィークという団体が事件後の年末に飲み会を計画していたということで当時話題になりました。

忘年会の飲み会を計画していたようですが不謹慎との批判が出て中止になったということアありました。

事故の犯人の実名は

今回の明治神宮外苑での事故の犯人の実名などは公表されておりません。

日本工業大学の出展していた19歳の大学生などは見成年ということもあり実名での報道は現時点まで確認されておりません。

今後の事件当時の年齢が19歳だったということで名前が特定されて報道に乗ることはなさそうです。

ネットの反応

Twitterを中心にこの東京デザインウィークの飲み会への批判など大きな反響があるようです。

東京工業大学の学生が本当に過失がなかったのかこれから本当の事実確認や審理が行われ真相の究明につながっていくのではなどのコメントもあります。

本当に無罪だと思っているのなら遺族に弔意を表す事はあっても、謝罪する必要はないだろう。

高温のものとおがくずの配置が大丈夫なものかどうかを確認する責務を怠ったことに変わりない。
消火器の用意もなかったようだし。

展示物を公共の場で参加型の展示であるならば管理責任は問われる。

タングステン電球は点灯すればすぐに60度を超える。
点灯後に確認すればすぐに危険を想定できる。
被告になればこういう言い逃れを誰でもする。
検察の力が試される裁判だし、公正な判決をされることをみんな注目している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です