持続化給付金不備の連絡はいつ来る?修正通知のメールは【ツイッター】

持続化給付金不備で入金ができない事態が続発しているようです。

そして添付書類などの不備の連絡がいつ来るのか不安な方もいる方と思います。

修正通知のメールなどがいつ来るのかなどの情報をTwitterなどのSNSに頼っている方も多いようですが経済産業省のコメントなども参考に持続化給付金不備のメールに関して取り上げてみようと思います。

持続化給付金不備の連絡はいつ来る?

持続化給付金に関しては実際に手続きをした方の報道などがあります。

「持続化給付金」について実際に申請したライター業をメインに活動する友人がいましたので、どうだったのか色々聞いてみました。

最初にお伝えしますと、その友人。なななんと! 5月1日の申請スタートの日に申請して、早速5月8日の午前中には給付金100万円が振り込まれたそうです。ものすごい速さですね。

あらかじめ書類をまとめておくことが、焦らずにすむ秘訣だそうです。金額も計算してくれるから、難しい事はないよ~とのことでした。

業種を選ぶところでは、サービス業で登録したそうですが、事業の種類がたくさんあるので、人によっては分からない人も出てきそう。私も検索してみることにしました。タレント? MC業って……やっぱりサービス業? また友人が申請した時点で、3万番台だったんですって。

彼女の場合、不備がないか心配だったけれど、特に連絡もなかったそうです。持続化給付金のホームページからマイページにログインして、間違いがないか何度も確認したけれど、もし間違いがあってもマイページから修正出来ないから待つしかないそうで、そこはちょっとドキドキしますね。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-00010000-bikeno-bus_all&p=2

持続化給付金を実際に申し込んでみた方の体験談で参考になります。

しかし、うまくいった方の体験談を知りたいわけではありません。

持続化給付金の申請で不備があったときにその連絡がいつ来るのかが知りたいのです。

申し込んでも基本的にメールも来ませんしマイページにログインしても何も表示されないことがほとんどのようです。

申請書類や画像に不備があったときにはいつその旨のメールが来るのでしょうか。

経済産業省の公式サイトを見てみてもたくさんの申請があり時間がかかるようなことしか書いてありません。

一部では不備メールがすぐに来たというような報告もあります。

申請書類や画像に不備がある場合は連絡に時間を要しているとも書いてありますが具体的に申請してから何日後に連絡するなどの日数などは書いてありません。

持続化給付金不備のメールはいつ来るのかはっきりとはわからないということのみが経産省の専用ページからはわかります。

修正通知のメールは

しかし、いつ持続化給付金の修正通知のメールが来るのかわからない状態では不安ですよね。

ネット上では不備メールなどもなくいつお金が振り込まれるのかわからないというようなコメントがあふれております。

修正通知のメールが来た方もいるようですがどこをどのように修正すればいいのかまでは書いていないことも多いので自分が正しいと感じている方は直しようがないというのが乾燥のようです。

修正通知のメールは来た方は不備を見つけて再申請するしかないようです。

そして持続化給付金不備の連絡がこない方はそのまま申請が受理されて審査にまわっていると考えられます。

自分の申請がどの段階にあるのかは一時マイページに赤枠が出る方もいたようですがそのあたりも統一の見解もなく混乱をまねいているようです。

とりあえず、現時点では修正通知のメールが来ない場合は書類や画像などの形式的な不備はないと認識されているようです。

今回の持続化給付金は経済産業省が時間のない中作ったシステムで完璧なものではないようです。

経済産業省持続化給付金
https://www.jizokuka-kyufu.jp/

持続化給付金の不備の連絡がない場合は待つよりほかはないようです。

電話をしてもほとんどつながりませんしサポート会場もありますがこちらは申請のパソコンやスマホの使い方のみの受付で内容の相談はできないそうです。

かなり申請した方のフラストレーションがたまる仕様ですが持続化給付金不備の連絡がこない方はそのまま待つかラインで質問もできるようになったのでそちらから聞いてみるのがいいかもしれません。

ツイッター情報

持続化給付金の申請で不備があったのかどうかの連絡がメールできたような報告がTwitterなどであがっています。

持続化給付金の申請段階での不備メールは迷惑メールフォルダに入っている可能性もありますのでそちらもチェックしたほうがいいようです。

ネットの反応

不備メールも何も連絡がないことが多いのが今回の持続化給付金の特徴です。

スタッフなどの準備もままならないまま政府の決定で突貫工事で経産省がつくった制度でかなり不備があります。

不備の連絡がないかどうかはもう一度メールフォルダを検索して探してみて瑕疵があれば修正して再申請するしかありません。

連絡がないということはそのまま受理されていると信じるしか今のところないようです。

フラストレーションの残る制度となっており利用者の限界値が訪れつつあります。

政府は一刻も早く事態を改善するようにスタッフの増員などの措置をしなければいけません。

今日も赤枠消えず不備メールもありませんでした。
従業員と話し合った結果、私も廃業することに決めました。
これ以上支払いは待って貰えない、でも支払いもできない状況です。
2月から売上0で耐えてきましたが限界です。
今までありがとうございました。

支払い間に合わないので、15日の支払い間に合わず
このまま倒産です。
お疲れ様でした。

当方5/1申請、J000010XX、新赤枠、特例B-1、不備メール無しです。
お待ちくださいと言われて40分待たされた挙句に、一方的に切られました。
これが国民への対応です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です