笑福亭鶴志が死去|死因は心不全,腎不全の病気:逮捕とは?

落語家の笑福亭鶴志さんが享年64歳という年齢で死去いたしました。

死因は心不全と腎不全ということが報道されております。

そして60代での訃報ということで一門と落語界には驚きが広がっているようです。

ネット上でも驚いているファンが多いようです。

自分の中での鶴志師匠のイメージは「ワイワイサタデー」(ABCテレビ)と「大人の絵本」(サンテレビ)でしたね。

ご冥福をお祈りします。

笑福亭鶴志が死去

笑福亭鶴志さんの死去に関してはオリコンがこのように報道しております。

落語家の笑福亭鶴志(本名:冨松和彦)さんが8日午前0時54分、心不全・腎不全のため大阪府内の病院にて死去した。64歳だった。

笑福亭鶴志さんは、1974年6月、笑福亭松鶴師に入門。77年1月、新花月にて初舞台。

82年『第3回ABC落語漫才新人コンクール』最優秀新人賞、97年『大阪文化祭賞』奨励賞を受賞。

朝日放送『わいわいサタデー』や『ザ・ビッグ』、サンテレビ『大人の絵本』、京都放送『鶴志のナイスキャッチ』などに出演した。

出典:オリコン

笑福亭鶴志さんの死去ですが年齢が60代だったということで関係者には驚きが広がっております。

関西ではメディアにも多く出演されておりおなじみの顔だったようですが今回の逝去ということになってしまいました。

大阪府内の病院での死去ということで告別式などは家族のみで行われるということです。

死因は心不全,腎不全の病気

笑福亭鶴志さんの死因は心不全と腎不全が重なったものと報じられております。

心不全は心筋梗塞や心筋炎などの病気や血圧の高さなどの複合的な要因で起きることを言います。

そして腎不全とは腎臓に機能に障害があり体内の老廃物を体外へ出す能力が落ちていたようですが恰幅のいい体格の鶴志さんには何らかの持病のようなものがあったのかもしれません。

持病などに関しての報道は今のところありませんが今後鶴志さんの病気に関して続報があればこちらのブログでも追記していこうと思います。
追記:約2年前にも病気を患ったことがありその時から驚きの回復力で復帰していたとのことです。

逮捕とは?

笑福亭鶴志さんに関して調べているとなんと「逮捕」という文字が検索結果に勝手に出てきます。

もしかして笑福亭鶴志さんに逮捕歴があるのか?と思い調査してみましたがそのようなことはありませんでした。

笑福亭鶴志さんにはそのような逮捕歴は無く完全なるデマのようです。

なぜこのような逮捕という物騒な言葉が出てきたのかに関してご存知の方がいれば教えて頂きたいです。

ネットの反応

1日も早く
松鶴の名跡の復活を

ビビった。
鶴瓶の方かと思った。
ともかく、お疲れ様でした。

あまりにも早すぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です