重光武雄:シンギョクホ辛格浩が死去→死因は病気?【訃報】親日で国籍は?

韓国の財閥グループのロッテの創業者のシンギョクホ(辛格浩)氏が死去いたしました。

日本名で重光武雄氏で国内でもトップの製菓会社を作り上げました。

韓国のソウル市内の病院で死去したとのことです。

ロッテが韓国の人の会社だったのは最近知った

高田馬場に大きな工場あるな

日本にも浸透し日本人が発祥の企業だと思っている方も多いようですがこの辛格浩(シンギョクホ=重光武雄)氏が人生をかけて作り上げた企業です。

今回はこの重光武雄創業者の死去に関して取り上げます。

シンギョクホ辛格浩:重光武雄が死去→死因は病気?

重光武雄=シンギョクホ氏の死去に関しては韓国の総合ニュースが速報しております。

ロッテグループの創業者、辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏が19日、ソウル市内の病院で死去した。

出典:総合ニュース

短い速報ニュースですが日本でも知られる有名企業の創業者の死去に関係者は驚いているようです。

韓国ではロッテグループは中堅の財閥として知られておりソウルにあるロッテホテルは日本人にもなじみのあるホテルとして有名でした。

97歳での訃報となりましたが日本と韓国の企業人には驚きが広がっております。

学歴としては早稲田実業学校を卒業して苦闘しながらもガム製造で事業を軌道に乗せました。

死因は報道されておりませんが90歳を超える年齢ということで老衰やがんなどの年齢に比例して多くなる病気で死去したとの見方もあるようです。

死因が今後報道されるようなことがあればこちらの訃報のブログに追加で情報をアップロードしていこうと思います。

【訃報】親日だったのか

重光武雄氏の訃報は突然でしたが彼が親日だったのかどうかの議論が韓国などではあるようです。

日本で事業を起こしたことで親日かどうか以前に前提条件として日本人や日本という国に向き合わなければいけないという事実がありました。

したがって重光氏の中には親日かどうかという基準自体がなかったのではないかとの意見もあります。

国籍は日本or韓国?

重光武雄(辛 格浩)シン・キョッコ氏の生まれは韓国の現在の蔚山広域市です。

その後日本にわたり学業と事業をおこなっていったのです。

したがって国籍は韓国で日本人としての通名は便宜上必要なのでつくったというのが実情のようです。

ロッテは日本の野球チームもあり国内に深く浸透してもやは韓国企業かどうかなどの議論さえありません。

グローバル化の波のはるか以前より国際的な活動をしていたということのようです。

ネットの反応

韓国だと大手の財閥に肉薄する大企業です。

ロッテワールドなどアミューズメントやホテル事業もおこなっておりますので韓国に旅行など行くとロッテは国際的な企業だと認識する方も多いようです。

さまざまなトラブルなどもありましたが偉大な企業人を失ったとのコメントもされております。

韓国だと財閥なのね

ホテル事業もやっているのか

日本では見かけないね

大正11年生まれとのことでおつかれさまでした。

韓国の野球チームだとロッテジャイアンツになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です