栃木県真岡市「真岡ひかり幼稚園」で不適切な指導 2歳児に「邪魔」発言の30歳代保育教諭の名前と顔写真(画像)は?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

栃木県の真岡市の幼稚園で信じられないような出来事が起きました。

真岡光幼稚園で2歳児に対し「邪魔」「うるさい」「廊下に出ろ」などの不適切な発言をしていたとのことです。

今回はこちらの事件について取り上げてみようと思います。

栃木県真岡市「真岡ひかり幼稚園」で不適切な指導

読売新聞などによると以下のように報道されています。

栃木県真岡市寺内の認定こども園「真岡ひかり幼稚園」(園児数約200人)で、保育教諭らが2歳の園児たちに不適切な言葉で指導していたことが30日、わかった。

市は園側に事実を確認した上で、再発防止策の策定などを求めた。

 真岡市や同園によると、6月頃から複数の保育教諭らが、2歳児組(23人)の園児たちに対ししかるようになった。
また、食事やトイレの指導の際にも「廊下に出ろ」「邪魔」「うるさい」などと不適切な言葉を使っていたほか、何人かの園児を明かりのついていない教材室に数分間入れたこともあった。

 保護者からの連絡を受けて、市は今月24日に宇南山照元(うなやましょうげん)園長を呼び、事実確認などを行った。
同園は27日に2歳児の保護者会を、29日に全体保護者会を開いて経過を報告するとともに、保護者に謝罪。

さらに当該園児宅を個別訪問し謝罪した。

 問題の判明後、不適切な指導に関わった、いずれも30歳代の保育教諭2人は退職し、保育補助1人は自宅待機しているという。

出典:読売新聞

2歳児に対して感情にまかせて不適切な言葉で怒るというとても残念な出来事です。

この指導にかかわったのは30歳代の保育教諭2人と保育補助1人の合計3名ということが判明しています。

最近このような子どもの教育施設での悲しい事件が多いような気がします。

子供たちの精神面でのケアが必要になってくると思われます。

2歳児に「邪魔」「うるさい」発言の30歳代保育教諭の名前と顔写真(画像)は?

真岡ひかり幼稚園

2歳児に対して「邪魔」や「うるさい」などと発言をしていた30歳代の教諭や保育補助の名前や顔写真(画像)などは判明しておりません。

事件として警察が動いてる段階ではないので実名での報道は今のところないようです。

宇南山照元(うなやましょうげん)園長は今後は監視カメラなどを設置して再発をしないようにしていくそうです。

園長さんは本当に誠実な方のようです。
宇南山照元(うなやましょうげん)園長のFacebookがありましたので載せておきます。

今回の事件は保育教諭が起こしたことで園長先生が起こしたものではありません。
監督責任はあるかもしれませんが、今後は二度とこのようなことが無いようにしてもらいたいものです。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

人として人格を疑います。先生達も日々のストレスがあるのかもしれませんが、仕事としてプロ意識を持った行動をして欲しいです。

氷山の一角だと思う。園児が幼くて発覚していないだけで、全国でも同じような事例があるように思う。この炎天下で大きな事件や事故に発展する前に、全国規模で調査、点検して、教諭への定期的な研修、指導などを行うなど、国として再発防止に万全を期するべきと思う。

保育士のニーズが増える一方で質の低い保育士が増えていることも事実。
きっときちんと躾けられていない子供がゴロゴロいる中で仕事をするストレスは大きいだろうと思うし、それにより多少語気が荒くなったりすることはあるとは思う。
でも言ってはいけない言葉はあるよ。やってはいけないこともある。

2歳児なのによく保護者に報告できました。なかなか表に出ないものです。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です