【死因:心不全】ソマリノロバ(日本の動物園生まれ「サクラ」)が死去 生息地やレッドリストに指定?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

名古屋市の東山動物園で日本で唯一のソマリノロバが死去しました。

2001年に日本で生まれて名前は「サクラ」と名付けられていました。

絶滅危惧種の動物であまり知らない方もいるかとも思います。

今回はこちらのソマリノロバについて取り上げたいと思います。

【死因:心不全】ソマリノロバ(日本の動物園生まれ「サクラ」)が死去

今回の訃報について共同ニュースでは以下のように報じています。

名古屋市の東山動植物園は30日、国内で唯一同園が飼育していたソマリノロバ「サクラ」が死んだと発表した。
雌で17歳だった。死因は心不全。

 同園によると、サクラは2001年、同園で生まれた。17歳は人間では50~60歳程度という。人見知りな性格だったが、毛並みの美しさから来園者に人気があった。

03~11年に繁殖のため横浜市の金沢動物園に貸し出され、そのときのファンが東山動植物園を訪れることもあったという。

出典:共同ニュース

うまれてから17年間生きてきて人間に例えると50歳から60歳くらいになるそうです。

日本で唯一のソマリのロバということで関係者の残念だという声があがっています。

生息地やレッドリスト(絶滅危惧種)に指定?

ソマリノロバはの生息地はいったいどこになるのでしょうか?

分布している地域はソマリアやエチオピア、エリトリアなどアフリカになります。

内戦などが多い地域ですので保護活動がうまく機能していないことも個体数の減少に影響しているのかもしれません。

国際自然保護連合(IUCN)という国際機関によってソマリノロバは絶滅危惧種としてレッドリストに載っています。

授乳期間が1年ほどあり大人になるまで数年間かかるので個体数が増えにくいという状況もあります。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

国内でただ1頭のソマリノロバ、サクラさんが他界… 今までありがとう

サクラさんが今日亡くなったそうです。引っ越ししてから会いに行っていませんでした…安らかに。

一回しか会えなかったけどありがとう。

日本では最後の個体が死亡し、ついに飼育施設がゼロになってしまったという現実…。恐らく、これから新たな個体が入り、ソマリノロバ飼育が再開されると想像することは超絶難しいであろう。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です