福岡博多署内で死去した男性巡査部長は誰?銃(本人保有)を使った可能性と経歴や顔写真の有無は?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

福岡県警の博多署の武道場で男性巡査部長52歳が死去しているのが見つかりました。

拳銃を使ったものと推測されています。

その拳銃とは自分のものだったようです。

今回はこちらの事件を取り上げてみたいと思います。

福岡博多署内で死去した男性巡査部長は誰?

こちらの事件は毎日新聞などが以下のように報じています。

29日午前7時40分ごろ、福岡市博多区博多駅前2の福岡県警博多署9階武道場で、同署地域2課所属の男性巡査部長(52)が倒れているのが見つかった。
巡査部長は救急搬送されたが、意識不明の重体。近くに拳銃が落ちていた。

出典:毎日新聞

博多署の武道場で倒れていたそうです。

警察官は犯人を確保したりするために身体を鍛えています。

そのための武道場が警察署には通常あります。

その場所で今回の事件は起こりました。

警察署内での事件ということで驚いている方も多いかと思われます。

こちらで倒れていた男性巡査部長が誰なのかについては名前などがまだ発表になっておりませんので判明はしておりません。

意識不明の重体ということですが何とか助かってほしいものです。

銃(本人保有)を使った可能性と経歴や顔写真の有無は?

博多署はこちらにあります。

博多駅にほど近い繁華街の一角です。

今回の報道によれば銃を使った事件のようです。

どうやら自分自身で保有していた物のようです。

こちらの巡査部長の経歴や顔写真など詳しい話は今のところ一切表に出てきておりません。

情報が公開されましたら追記していこうと思います。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

悩みがあったら、ご家族に相談出来なければ、専門家に相談して頂きたかったですね。

市民を守るために使ってほしい

50代で巡査部長だと昇進出来ない何かがあったはずよ。
巡査部長は20代後半から30代で昇進するもの。

どんな悩みがあったんやろ

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です