鹿島東北支店土木部幹部は誰で名前は?水増しで裏金の接待か

ゼネコン大手の鹿島の幹部が裏金を受け取っていた疑惑が浮上しております。

東日本大震災の復興事業での受注の中での水増しなどの手口での裏金作りと推測されているようです。

この鹿島の東北支店の土木部幹部の利益要求に応じる形で現金を供与していたようです。

東日本大震災の復興事業は税金から資金が出されているということで国民の批判も鹿島に起きそうな雰囲気です。

今回は大きな疑獄事件にもなるかもしれない波乱含みの不祥事を取り上げます。

鹿島東北支店土木部幹部へ利益供与?

鹿島建設の東北支店土木部の幹部への利益供与の報道は朝日新聞が下記のようにしております。

 東日本大震災の復興事業を受注し、約2億8800万円の所得を隠したとされる廃棄物処理機械設置会社「コウキ」(兵庫県西宮市)の裏金作りに協力した複数の会社が、鹿島東北支店幹部(当時)へ数千万円の利益供与をした疑いのあることがわかった。

この数千万円の大半も、協力会社が独自に作った裏金が原資とされ、支店幹部の利益要求に応じたという。

複数のコウキや取引会社関係者らによると、大阪、仙台両国税局は18年11月、コウキや複数の下請け業者らを脱税容疑で一斉に強制調査(査察)した。その調査の中で、複数の協力会社が独自に作った裏金から数千万円が鹿島東北支店土木部幹部(当時)に流れている疑いが判明した。

岩手県の復興事業などの現場幹部を務めたこの支店幹部は、飲食費や高級ブランド品の時計やバッグの領収書と引き換えに現金を要求したり、国内外の旅行費を負担させたりした。協力会社は費用の大半を、復興工事費から捻出した裏金から充てていたという。

出典:朝日新聞

報道によるとこの鹿島の東北支店土木部の幹部は飲食代金やブランド品の購入の領収書を見せて金銭を要求したということです。

さらに海外旅行の旅行費用も負担させていたということです。

原資は元をたどれば税金に行き着くはずです。

かなりの国民が鹿島建設に対して厳しい意見があるようですが今後はどのような展開になるのでしょうか。

社員は誰で名前は

鹿島の東北支店の土木部の幹部とは誰なのでしょうか。

この裏金の不祥事は2014年ころに行われていたようです。

現在の東北支店土木部の幹部は部署の移動になっているようですが誰なのでしょうか。

幹部ということで支店のトップ又はナンバー2など決済できるような権限のある人物と考えられます。

水増しで裏金の接待か

鹿島建設への裏金疑惑が拡大しておりますがどのような方法でお金をねん出していたのでしょうか。

旅行などの接待疑惑も出ているようですが報道が本当なら許しがたい出来事です。

廃棄物処理の設置会社は架空の請求書を作り余分に経費が掛かったように見せかけて所得を圧縮していたようです。

水増しなどの手口も考えられますが現時点での裏金の捻出方法は上記のような形です。

鹿島建設の本社などへの捜索が入ればもしかすると水増しでの裏金つくりなどが出てくる可能性もあるのではなどとSNSではいろいろなウワサが飛び交っているようです。

ネットの反応

ネット上では鹿島の支店幹部への金銭の授与はもともとは税金なのではということで怒りのコメントが多いようです。

鹿島の大きな失態となりそうな不祥事ですが今後は東京地検などの動きも気になるところです。

検察の捜査と鹿島建設の対応にも注目が集まります。

国民の血税がスーパーゼネコンへ流れていていいのか?
何のための復興だよ!

一年間営業停止にしろ!

氷山の一角 鹿島が出たから連鎖かな
旨い汁を吸うさ体質は何も変わっていない 旅費だけでは無いから金の使い道を徹底して調べれば黒幕が明らかになる。復興税を多額に投入し裏金作り
国民を馬鹿にしている。

からの政治家に繋がるとか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です