ツーリズム産業共同提案体の事務局&ホームページどこ?二階幹事長の関係は【文春】

文春が「GoToキャンペーン」の事業を受託した「ツーリズム産業協同提案体」が二階幹事長などへの議員に献金があったことを報道しております。

献金自体は適法に行われていれば何ら問題のある行為ではありません。

文春では自民党の議員37名に合計で4千万円以上の献金があったとのことで注目しているようです。

今回はこの献金の主体となっている「ツーリズム産業協同提案体」に関して調べてみました。

ツーリズム産業共同提案体

7月22日にスタートする観光需要喚起策「Go Toトラベルキャンペーン」(以下、Go To)。この事業を1895億円で受託したのは「ツーリズム産業共同提案体」(以下、共同提案体)なる団体だ。

この「共同提案体」に名を連ねる観光関連の14団体から、自民党幹事長の二階俊博氏をはじめ自民党の議員37名に対し、少なくとも約4200万円の献金が行われていることが「週刊文春」の取材で分かった。

「共同提案体」は、全国旅行業協会(ANTA)、日本旅行業協会(JATA)、日本観光振興協会という3つの社団法人と、JTBなど大手旅行会社4社で構成される。加えて全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、日本旅館協会といった宿泊業の関連団体が協力団体として総計14団体が参加している。

 Go To実現のため奔走した二階氏は1992年から30年近くANTAの会長をつとめている。

合計で470万円の献金を受けていることが分かる。二階氏は運輸大臣を務め、観光行政に強い影響力を持つことで知られる。コロナの感染者が拡大する中、Go Toを前倒しで推進する理由は何なのか、政府、自民党は丁寧な説明が求められることになりそうだ。

出典:文春オンライン

文春オンラインでは「GoToキャンペーン」の事業を受託した「ツーリズム産業協同提案体」が二階幹事長への献金を報道しております。

献金の金額にもよりますが意思決定に何らかの忖度などがなかったのか今後の取材の第二弾が期待されます。

献金の適切かつ適法なものは認められており今回のツーリズム産業協同提案体の二階氏をはじめとする自民党議員へのものがきちんとしたものかどうかの説明が今後なされるものと思われます。

事務局&ホームページどこ?

ツーリズム産業協同提案体やその事務局がどこにあるのかネットで調べてみました。

ホームページを探してみましたがすぐには見つかりません。

このような大きな事業を受託するような組織の公式サイトがないのは不自然です。

現時点では事務局や公式ホームページは調査中です。

「ツーリズム産業協同提案体」でマップ検索してもどこにも事務局など関連する施設も出てきません。

二階幹事長の関係は【文春】

ツーリズム産業協同提案体と二階幹事長の関係を文春は報じております。

二階氏は旧運輸省で大臣もつとめたことがあり観光産業にはゆかりのある政治家ということです。

今回はそんな二階氏とツーリズム産業協同提案体という組織の関係を文春は報道しております。

ネットの反応

ツーリズム産業協同提案体と自民党の政治家の献金の関係は文春が報じております。

その記事を受けてTwitterには多くの反響があります。

多くは批判的なコメントですが献金が適法で適切なものであれば問題はないので今後どのような展開を見せるのか注目されます。

これは大スキャンダル?

古代ギリシャだったと思いますが、「陶片追放」という制度があり、独裁者を生まない制度がありました。

表に出てるのだけでしょ。
裏ではもっととんでもない金額が動いてないかな?

GoToキャンペーンが強引に進められた理由が

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です