孫正義のアンケートで投票操作?政府介入疑惑【Twitter】

孫正義さんのTwitterでのアンケートで情報操作が行われているのではないかという疑惑が持ち上がっております。

国が介入して不正投票となっていのではないかとの指摘があります。

今回はこの孫正義さんのTwitter投票での不正操作疑惑について取り上げます。

孫正義のアンケートで投票操作?

孫正義さんのTwitterでのアンケートで投票操作が行われているのではないかとの疑惑があります。

国による分厚い補償をすぐにやるべきかどうかのアンケートをとっております。

この投票が昨日の時点ではすぐに補償をするべきとの回答が90%だったのに日が変わると40%にまで落ちてきました。

分厚い補償をした方がいいに決まっているとの声もあります。

過半数の方が保証は手厚くなくてもいいと答えたという結果には違和感があります。

この結果を見るとアンケートで何らかの投票操作がされたと感じる方も多いようです。

Twitterの政府介入疑惑

アンケートの現時点の結果を見ても半数以上の方が分厚い補償は必要ないと回答しております。

多くの業界で売り上げが落ち、ほとんどの人が補償は必要だとメディアでの訴えを見ることができます。

しかし、この孫正義さんのTwitterでのアンケートではそれは必要ないとの結果になります。

政府が介入しているとの疑惑が出てもおかしくありません。

補償はいらない?

一日前の孫正義さんのTwitterアンケートの結果はこのようになっておりました。

分厚い補償をした方がいい方は90%を超えております。

現在の社会情勢を見ると生活に困っている方が急増しており92%の方が保証が必要と答えているのは納得できる感じがします。

しかし、一日経つと半分以上の人が分厚い補償はいらないとなっています。

このような変化は政府がアンケートに介入しているのではという疑惑を持たざるを得ないという方が多いようです。

ネットの反応

孫さんのアンケートの結果には納得がいかない人が多いようです。

操作されていると感じている方が多いようです。

私が昨日の夜に見た時も、『はい』が90%を超えていました!!逆転してるなんて怖すぎる…絶対に操作されてます!!

夜中の1時くらいから大量に変わってました

私が投票した時も「はい」が圧倒的でしたよ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です