大阪アカデミア脱走の30代コロナ患者は誰で名前は?で警備は

大阪の療養施設として使われている大阪アカデミアから男性患者が脱走したとのことです。

この男性は30代ということですが大阪アカデミアでは先日も新型コロナウイルスの患者が脱走しておりその運営方法などにも注目が集まっております。

大阪アカデミア脱走の30代コロナ患者は誰で名前は?

大阪アカデミアでの30代の男性の脱走に関しては関西テレビがこのように報じております。

大阪市の宿泊施設で療養していた新型コロナウイルスの陽性患者が無断で帰宅したと、大阪府が発表しました。

この施設では、8月3日にも患者の無断外出がありました。

大阪府によると、8月6日、宿泊療養施設「大阪アカデミア」に入所した30代の男性患者が「埃っぽいので部屋を代えてほしい」と申し出ました。

施設が別の部屋を見せたところ、「元のところでいい」と言って自分の部屋に戻りましたが、男性はその夜、無断でタクシーに乗って自宅に帰りました。

男性は「部屋の衛生面がよくないので帰宅した」と話していて、そのまま自宅療養に切り替えたということです。

この施設では、8月3日にも別の患者が無断で外出したことが判明していて、施設は警備員を1人から2人に増やす対策を行う直前でした。

出典:関西テレビ

この脱走した30代の男性は部屋の交換を申し出たにもかかわらずタクシーを使って自宅へ帰ってしまったということです。

ネット上では脱走した30代の男性への批判が高まっております。

施設の警備を強化する直前に再度起きた脱走ということで今後の警備などの計画にも影響が出そうです。

この脱走した男性の名前などのプライベートにかかわる情報は報じられておりません。

住所どこ

この大阪アカデミアはどこにあるのでしょうか。

住所は大阪府大阪市住之江区南港北1丁目3―5になります。

電車ですと大阪メトロ中央線がはしっておりますが今回逃走した男性はタクシーで帰宅したということです。

警備は

大阪アカデミアの警備はどのようになっていたのでしょうか。

今までは警備の人間は一人ということでした。

しかし、先日の脱走で警備員を2人に増やす予定でしたがその直前に2回目の逃走が起きてしまいました。

Twitterの反応

Twitterでは大阪アカデミアでの2回の脱走に批判が集まっているようです。

運営体制なども見直す必要がありそうだとのコメントもあります。

やはり強制力を持って隔離しないとこういうケースは防げない。
警備員では対応も難しいので、警察官や自衛隊が見張りをする施設に強制隔離しないとダメなんでしょうね。

衛生面が不安というのは分かるが、無断で外出するのは非常識でしょう。こういう輩が自分勝手な行動をして感染拡大させてるんですよ。

身勝手としか思えない。
どんなけマスクや対策してても、もし人に移したらと考えたらしない行動。
ただ単に帰りたかっただけのような気がする。
今のままでは感染者が増えるのがよくわかる気がする。

療養中男性が外出

8月11日に大阪アカデミアで療養中の男性が制止を振り切って外出したということが起きました。

すでに過去に複数回療養患者の脱走などが起きている大阪アカデミアですが今回またもや陽性の患者が外部に出てしまいました。

今回は警備員の制止を振り切って外出したということで今後警備のあり方も見直さないといけないでしょう。

大阪府は11日、新型コロナウイルスに感染し、大阪市住之江区の宿泊施設「大阪アカデミア」で療養中の50代男性が職員の制止を振り切って一時的に外出する事例があったと発表した。男性はタクシーでピザ店や郵便局を巡り、1時間15分後に戻った。保健所の指導で立ち寄り先の消毒作業が順次実施された。

 府によると、男性は2日の検査で陽性が確定。8日から入所し、対応に当たる府職員に「カップ麺が欲しい。用意しないと脱走する」などと訴えていた。11日午前中に「体調が悪いのでもう帰る」と言って、警備員や職員の説得を無視して敷地外に出た。

引用:共同通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です