【屋久島】強要容疑の南日本新聞と朝日新聞の記者は誰で名前は?

屋久島町で南日本新聞と朝日新聞の記者が強要容疑で住民が警察に対して出していた告発状が受理されたと報じられております。

二人の記者の主張通りのコメントを強要するなどしたということですが大きな声での恫喝のようなこともあったようです。

新聞記者として取材内容を自分の思った通りにしようとしたということのようですがもしこれが真実ならば報道機関としては重大なことになりかねません。

今回は南日本新聞と朝日新聞の記者の屋久島町でのコメントの強要の疑いに関しての話題です。

南日本新聞と朝日新聞が屋久島町でコメントの強要容疑?

南日本新聞と朝日新聞の記者が屋久島町でコメントの強要をした疑いがあるなどと南日本放送が報道しております。

屋久島町の出張旅費をめぐり新聞記者2人らが取材対象の男性に自らの主張内容を認めるコメントをするよう強要した疑いがある問題で、住民が警察に提出していた告発状が26日、受理されました。

告発状を提出したのは屋久島町の住民6人です。告発状などによりますと、南日本新聞と朝日新聞の記者2人は4月、屋久島町の出張旅費を巡る取材のため、当時、町内の旅行代理店の所長を務めていた男性を男性の上司とともに呼び出し、大声で怒鳴りつけるなどして、記者らの主張を認めるコメントをするよう強要した疑いがあるとしています。

男性のその際のコメントは南日本新聞と朝日新聞に掲載されましたが、男性はMBCの取材に対し、「そういうふうに言わされた」として、記事の内容は事実とは異なると説明していました。

住民らはこれが強要の疑いにあたるとして4月に屋久島警察署に告発状を提出していましたが、その後、追加資料などを加え、26日付けで受理されたということです。

出典:南日本放送

朝日新聞は全国紙で日本を代表する新聞社です。

南日本新聞も地方紙とはいえ有力紙ですのでこの二つの新聞社の記者が取材先に対してこのような恫喝のような態度をもし仮に取っていたとしたら問題となるでしょう。

コメントを強要されたとしている人物の発言は新聞に掲載されておりその発言が本人の真意ではなかったとしたら今後も問題をはらむような事態ということも言えるのかもしれません。

記者は誰で名前は

コメントを強要したとされる朝日新聞と南日本新聞の記者とは誰なのでしょうか。

南日本放送の報道ではこの2人の記者の名前や年齢などプロフィール的なものは何も報道しておりません。

警察に告発状を出した人物は公開質問状を新聞社に対して送っておりその回答に対して会見をするそうです。

もしかするとその記者会見の時にこの新聞社の記者に関する情報が出てくるかもしれません。

告発人

朝日新聞と南日本新聞の記者を告発した人物は誰なのでしょうか。

このコメントを強要されたという人物は屋久島町の旅行代理店の所長ということで大きな声で記者が怒鳴りつけるなどしたということです。

現代での取材方法ではあまり想像できませんが本当にこのようなコメントの強要などの取材があったのでしょうか。

今後の告発人の記者会見が注目されます。

ネットの反応

朝日新聞・・・

住民の発言が真実ならとんでもないことです

本当の真相が知りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です