朝日新聞マスク通販3300円はぼったくりで高い?記者にブーメラン批判か

朝日新聞が安倍首相の布マスクの配布に対して批判があるとの質問をしました。

すると首相は朝日新聞のネット通販でもマスクを3,300円で販売しているとの指摘をしブーメランになっているとツイッターで話題になっております。

安部首相はべつに朝日のマスクを否定したわけじゃない
朝日も販売しているくらい需要があるから無意味ではないといっただけ

総理が言いたかったのは、布マスクの効果を否定していた者が布マスクを売ってたということで。。。

朝日新聞の批判を特に首相がしていたのではないなどのツイートなどもありますがネット上では炎上状態です。

今回は朝日新聞のマスク通販で3300円の値段がぼったくりで高いなどのコメントがありますのでその点に関してなどを取り上げます。

朝日新聞マスク批判

朝日新聞のマスク通販を首相が指摘した件に関しては毎日新聞がこのように報じております。

安倍晋三首相が17日の記者会見で、朝日新聞の記者から「布マスクの全住所配布で批判を浴びている」と指摘された際、「御社のネット(通販)でも布マスクを(2枚)3300円で販売しておられたと承知している」と“反撃”する一幕があった。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府が17日に配布を始めた布マスクは「アベノマスク」と皮肉られ、「サイズが小さい」などの不評が多い。

首相は布マスク配布について「マスクが手に入らずに困っている方々がたくさんいるという認識のもと、配布することにした。
洗えば何回も使え、マスク需要の抑制にもつながっていく」と説明。

朝日新聞の質問に対して「御社のネットでも布マスクを3300円で販売しておられたと承知している。

つまり、そのような需要も十分にある中で2枚の配布をさせていただいた」と皮肉った。

朝日新聞社が運営する通販サイト「朝日新聞SHOP」は17日現在で「物流に支障が出る恐れがある」として受注停止となっている。

出典:毎日新聞

朝日新聞ショップという通販サイトでマスクを販売していたことを安倍首相は皮肉を込めて記者にやり返したというような記事になっております。

1家族に2枚のマスクでは足りないと感じる方も多いでしょうし、サイズも小さいなどの批判もあります。

しかし、現状でもマスクを売っているドラッグストアなどはあまり見かけず手に入れられない方も多いのではないでしょうか。

年配の方や買い遅れてしまった方はマスクが全くない人もいるようです。

そのような方に関しては今回の布マスク2枚は助かる政策なのかもしれません。

通販3300円はぼったくりで高い?

この朝日新聞ショップでのマスクの値段が3300円で高いという噂がネット上にあります。

中にはぼったくりだなどの批判をする方もいるようです。

確かにマスク2枚のセットで3,300円という値段は高いです。

これが使い捨てのマスクならぼったくりですがよく見ると布マスクで150回もの洗いまわしが可能のようです。

使いまわしが100回以上もできるマスクなら1枚1,650円でも納得ができるのかもしれません。

ちなみにこの朝日新聞のマスクは現在販売していないようです。

大津毛織製造という会社がつくっているようですが品切れのようですね。

記者にブーメラン批判か

朝日新聞の記者が安倍首相に布マスクの評判が悪いとの指摘をして感想を求められたところブーメランのように言われてしまったというのがSNS上での反応です。

まさにブーメランで批判が返ってきたと受け止めているようです。

しかし、この安倍首相の記者への3,300円マスクの指摘は朝日新聞での布マスクを売っているのではないかという事実関係を言いたかっただけだとのコメントもあります。

ネットの反応

この朝日新聞の3,300円布マスクの批判で立憲民主党の蓮舫氏が意見をしています。

しかし、これに関しては否定的なツイートが多いようです。

この人、口を開けば揚げ足取りと文句ばかり。

非常事態に布マスクを高値で販売する新聞社がマスク政策を批判する資格があるのでしょうか?
報道ステーションで若者が外出していると批判しながら看板キャスターはコロナの疑いを無視してクラスターを引き起こす愚。

お金が有り高いマスク買える人は 二枚のマスクダサいでしょうが 高年齢で 高いマスク 長い時間並ぶ事も出来ない人も居るのです 皆が自分と同じと思わないで下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です