【岩田和明編集長】wikiプロフィールや出身大学どこ?恫喝DMの内容

映画秘宝編集長の岩田和明編集長が恫喝DMを送ったとして問題となっております。

出版社の性格からその内容が看過できなく岩田編集長は処分の対象となっております。

一般人に恫喝のDMを送信したということで映画秘宝の関係者は驚いているようです。

Twitterなどにはこの岩田編集長が送付した恫喝のダイレクトメールに関しての意見がたくさん投稿されているようです。

自分が批評されるのは許さないって

一般リスナーからの苦言内容に興味があるな

今回は映画秘宝者の編集長である岩田和明編集長の恫喝DMやプロフィールに関しての話題となります。

岩田和明編集長の恫喝DMの内容

岩田和明編集長の恫喝DMの内容がが話題となっております。

東スポWEBでは下記のように岩田編集長に関して報じております。

編集長の岩田和明氏が雑誌の公式ツイッターアカウントから一般人に新手の〝恫喝DM〟を送っていたことが発覚。

同誌を編集・制作する合同会社「オフィス秘宝」が26日、謝罪した上で岩田氏に厳正な処分を下すという文書を発表する事態に発展したのだ。

岩田氏は今月5日にTBSラジオに出演。そこで韓国映画について語ったところ、同17日に一般リスナーが苦言を呈するツイートを投稿。これに逆上した岩田氏が同日夜に雑誌の公式アカウントからこのリスナーに以下のようなDMを送りつけた。

「深く深く心が傷付き、胸が張り裂けそうなほど大きなショックを受けて、死にたいです」

「純粋な悪口ということでしたら、これは誹謗中傷でしょうか」

「いま、胸が締め付けられるほど苦しくて、呼吸が乱れており、壊れそうなほど深く心が傷付き、あまりのショックの大きさから、何も手が付けられない状態にいます。

出典:東スポWeb

岩田和明編集長は自分の存在をかけたような恫喝DMを一般のリスナーに送信しました。

誹謗中傷をされたと感じての行動だったようですが編集長としての行動としてはいかがなものなのでしょうか。

この恫喝のDMがネット上では炎上する騒ぎとなり会社として処分を下すということになったようです。

さらに直接の電話をしていたということで批判が一層大きくなっているようです。

wikiプロフィール

岩田和明編集長のwikiでのプロフィールはあるのでしょうか。

wikipediaには岩田編集長のプロフィールはありませんでした。

しかし、すでにネット上で炎上しているということで年齢などは特定できているようです。

岩田編集長は1979年生まれで現在41歳ということです。

千葉県出身で出版業界などでの経歴があるようです。

2006年より映画秘宝の編集部に所属し2012年からは編集長として采配を振るってきました。

出身大学どこ?

岩田和明編集長の出身大学にもSNSでは関心が高まっているようです。

出身大学などの情報は現在ネット上にはありませんんが編集長という職業柄どちらかの大学を出ている可能性は高いようです。

言語的能力や編集長として様々な判断をしなければならないので簡単に務まるような職業ではないと思われます。

ネットの反応

岩田和明編集長の恫喝DMへのネットの反応は炎上状態となっております。

一般人への恫喝ということで批判の声もひっろがっております。

逆上してしまったということですが許される行為ではありません。

もちろんこのDMは許される内容ではないけど、逆上するような内容だったかどうか知りたいね

肝心な情報が欠落しているので判断できない。

一般リスナーの苦言、ってのも載せてくんなきゃ判断しようがない。

まずは、この苦言の内容から記事にして欲しいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です