勝目梓死去!死因は心筋梗塞の病気:代表作やおすすめ>無料

小説家の勝目梓さんが死去いたしました。

死因は心筋梗塞で享年87歳という年齢でした。

著作は300作品以上にのぼり晩年は私小説などを執筆いたしました。

2016年頃まで作品を発表されていた様ですが、ジャンルも幅広かったみたいですね。ご冥福をお祈りします。

人気ありましたね。お疲れ様でした。

勝目梓死去!死因は心筋梗塞の病気

勝目梓さんの死去に関しては朝日新聞などがこのように伝えております。

作家の勝目梓(かつめ・あずさ)さんが3日、心筋梗塞(こうそく)で死去した。

87歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は次女千尋さん。

32年生まれ。トラック運転手などを経て、67年、「マイ・カアニヴァル」で芥川賞候補、69年、「花を掲げて」で直木賞候補。74年「寝台の方舟(はこぶね)」で小説現代新人賞。

「獣たちの熱い眠り」がヒットし人気作家となった。著作は300冊に及ぶ。

 00年代以降は、俳句を論じた「俳句の森を散歩する」や、私小説「小説家」「老醜の記」などを発表した。

出典:朝日新聞デジタル

芥川賞也直木賞の候補になりながらも受賞には至りませんでした。

しかし、作品は人気を博し今回の訃報を感無量で聞いている往年のファンも多いようです。

人気作家となりましたが後年は私小説などをかいたり幅広いジャンルで活動していた印象ですとのコメントもあります。

代表作やおすすめ

勝目梓さん代表作やおすすめはどのようなものがあるのでしょうか。

著作は300作品以上にのぼりますが代表作としてはこのようなものがあるでしょう。

「マイ・カアニヴァル」「花を掲げて」「寝台の方舟(はこぶね)」

これらは芥川賞や直木賞の候補になった作品です。

賞の候補になったことで雑誌などでも取材されたりマスコミに取り上げられ一般の方も知ることになったようです。

他にもたくさん代表作と言われるものがあります。

「マン・フラワー号のハント旅行」「獣たちの熱い眠り」「玩具の花」なども代表作として取り上げられその多くの作品がおすすめにあがるものです。

無料で

勝目梓さんの小説などを無料で読む方法はあるのでしょうか。

完全に無料で作品を読むことはできませんがお試しで一部分だけ見ることはできます。

紀伊国屋書店などのネットショップなどでそのようなサービスをしているのでどのような感じの小説なのか少し見てから買ってもいいと思います。

少々刺激の強い内容の作品も多いので無料で試し読みをしてから購入するのがおすすめです。

ネットの反応

また人るの時代が終わってしまったという感想を持っている方もいるようです。

昭和から平成にかけて活躍した有名なアーティストの訃報を又聞くことになってしまいました。

あー、この前、救急車が来てたのがそうだったのかな?
ご冥福をお祈りします。

こんな方だったのねと毎回思う

45年前の姿
お悔やみ申し上げます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です