遠藤典子慶応大学教授:結婚相手の旦那は誰で名前は?年齢と学歴経歴

カジノ管理委員会の女性委員の遠藤典子慶応大学大学院特任教授が盗用したと週刊文春で報道されております。

遠藤紀子特任教授は内閣府の外局に置かれたカジノ管理委員会のメンバーで大きな権限があります。

このような権力の中枢に記事のようよう疑惑があると文春砲は報じております。

盗用はいけないと思います。

倫理的にどうなのかな?

カジノに関する事柄は大きな利権も伴うので倫理的にきちんとしている人物が就任すべきとの雰囲気があるようです。

今回は文春デジタルで報道されている遠藤典子氏に関して取り上げようと思います。

遠藤典子慶応大学教授の結婚相手の旦那は誰で名前は?

遠藤紀子慶応大学教授に関しての疑惑は週刊文春が以下のように報じております。

1月7日に発足したのがカジノ管理委員会だ。内閣府の外局に置かれた同委員会は、カジノに関する規制を厳格に執行する独立した組織。

人事は国会の同意が必要とされ、証券取引等監視委員会や公正取引委員会などと同様に、強大な権限を持つ。

そのトップの委員長には元福岡高検検事長の北村道夫氏が就任し、4人の委員には元警視総監や精神科医など、業者の調査やギャンブル依存症対策に関連する人材が並ぶ。

このうちの1人が、遠藤典子氏(51)だ。現在、慶応大学大学院特任教授だが、2013年末までは経済誌出版の老舗、ダイヤモンド社に在籍し、「週刊ダイヤモンド」(以下ダイヤ誌)の副編集長として知られていた

そんな遠藤氏が、“記事盗用”トラブルを起こしていたことが分かった。

「遠藤氏はダイヤ誌の副編集長だった2006年に、盗用騒動を起こした。

彼女が手掛けた『電機王国の幻想』(同年7月22日号)という特集記事の文章が、その約5カ月前に日経新聞に掲載された記事と酷似しており、日経から抗議を受けたのです。

比べてみると、細かい表現を変えている部分はありますが、引用しているデータや話の運びかたが日経の記事と同じ。

結局、翌年の同誌8月25日号で『お詫び』を掲載する事態になったのです」

出典:週刊文春デジタル

遠藤紀子慶大大学院教授の意見では、記事の盗用ではないと確認されているとのことです。

しかし、文春側は日本経済新聞と似ている部分が多数あるとして不適切なのではないかとの記事を報道しております。

そんな遠藤典子慶応大学教授ですが結婚相手の旦那はどのような方なのでしょうか。

Twitterなどでも調べてみましたがそれらしき方はいたようですが旦那と確認できた人物はいませんでした。

もしかすると海外生活も長いようなので日本人以外の方と結婚している可能性もあるようです。

年齢はいくつでTwitterは?

現在年齢が51歳の遠藤典子氏ですがツイッターはかなり前からやっているようです。

アメリカに関する投稿がTwitterでも多いようです。

ホテルの朝食や雪のニューヨークなど投稿されていて充実している生活が見てとれます。

美人で才色兼備とのコメントもあり羨ましいの声がたくさん聞こえてきます。

学歴や経歴は

遠藤典子慶応大学大学院特任教授は慶応大学の出身なのでしょうか。

調べてみたところ遠藤氏は2012年に京都大学の大学院エネルギー科学研究科を修了しているようです。

なので経済産業省関連の仕事も受けてきたようです。

経歴としては出版関係の仕事についていた時期が長く第14回大佛次郎論壇賞を2015年に受賞しております。

研究分野だけでなく文壇でも賞を受賞するなど才能あふれる方という印象が強いです。

ネットの反応

このひとで大丈夫かな?

カジノは逮捕者たくさん出ていますが…

美人で頭がいいのは羨ましいです。

ツイッターいつも見ています。

記事の盗用かどうかは文春の記事だけでは判別できません。

すでに過去のことで蒸し返さなくてもいいというようなコメントもありました。

しかし、今回の報道で世間の人がカジノに関して不安に思うことも多いかもしれません。

何らかの説明の責任の生じている可能性もあるのではないかとのSNSでの投稿もありますがどのような展開になるのか注視していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です