ALSOKアルソックが偽造と泥棒?どこの支店で誰がたかり?文春

週刊文春でALSOK(アルソック)が京都の運送業の会社で無断で警備機器の持ち出しがあったと報じられました。

他にもALSOK(アルソック)側が警備契約に関する書面を偽造していたことも発覚し支店長が謝罪に追い込まれていたこともあったようです。

さらにアルソックの幹部が飲み食い代やスーツの支払いなどを肩代わりさせていたような報道もありますが本当なのでしょうか。

警備会社が警備の請負先に無断侵入はモラル違反でしょう。

不法侵入で犯罪でしょ

今回のアルソックの行動に関しては不法侵入なのではないかとの意見も多く見られます。

ALSOKアルソックが偽造と泥棒?

今回のALSOKアルソックに関する報道は文春デジタルがこのように報じております。

京都で運送業などを営む岩本将健社長が告発する。

「事務所にALSOKの機械警備システムを入れていました。

ところが、うちと業務委託の契約をめぐって関係が悪化すると、事前に預けていた鍵を使って事務所に忍び込み、警備機器を無断で撤去したのです。

勝手に事務所に入るなんて、おかしい。日本を代表する警備会社のやることでしょうか。カメラはうちが買い取ったものですから『泥棒ではないか』と抗議をしました。

その後、ALSOKが警備契約の解約同意書を偽造していたことまで発覚し、支社長らは平謝りしました」

岩本氏の会社は、ALSOKと警備契約とは別に結んでいた、現金輸送についての業務委託契約をめぐってトラブルになり、双方弁護士を入れて話し合いを行っていた。

岩本氏の事務所から監視カメラが無断撤去されたのは、その話し合いの最中だった。

ALSOK広報部に確認したところ、業務委託をめぐるトラブルについては書面で回答があったが、監視カメラの無断撤去に関する回答はなかった。

出典:文春デジタル

文春デジタルの報道ではアルソックが一方的に警備機器を撤去したとのことです。

泥棒などと記事の中では書いてありますがどのような経緯でこのような事態になったのかに関しての詳細はまだわかっておりません。

さらに解約同意書を勝手に偽造していたとのことですがこれに関しては支店長が謝罪をしたとのことで本当の事のようです。

アルソックサイドはお詫びの文書も渡して謝罪をしております。

どこの支店?

今回の告発の岩本将健社長の会社は京都にあります。

イワックス産業(株) が会社名で京都府京都市伏見区中島河原田町19-1が所在地です。

この付近のアルソックの支店がいワックス産業の担当の店舗になるはずです。

綜合警備保障(株) 京都支社
ALSOK京滋(株)
綜合警備保障(株) 京都支社伏見営業所
ALSOK双栄株式会社 京都営業所
綜合警備保障(株) 京都支社京都北営業所
綜合警備保障(株) 京都支社山科営業所
綜合警備保障(株) 京都支社福知山営業所

上記のアルソックの営業所や支社が京都の会社の担当していますが現在のところどの支社の誰がイワックス産業の担当だったのか判明はしておりません。

誰がたかり?文春

イワックス産業の社長はさらにアルソックの社員が飲食代や衣服の購入でたかりのような行為をしていたとの指摘もしております。

このような行為がもしも真実だとすれば刑法にも触れる犯罪として成立する可能性もあります。

まだ詳細が報じられていないので早計に判断することは憚れますが今後の報道を見ていきたいと思います。

ネットの反応

普通に組織による犯罪にしかみえないのだけど、これは民事じゃなくて刑事事件で警察に通報していい案件なのではないの?

無断で入ったなら住建造物侵入の罪となります。撤去に辺り建造物の壁などを傷つければ、器物損壊の罪に問われます。

勝手にカメラを撤去するなどの行動はどうあってもおかしい。

知らない間に忍び込んで無断で撤去…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です