シャードンウィンチェスターが死去!死因は交通事故|嫁と子供は?

かつてトリニダード・トバゴ代表だったシャードン・ウィンチェスターさんが交通事故で死去いたしました。

27歳という早すぎす死去でサッカー関係者にはショックが広がっております。

フォワードで活躍したトリニダード・トバゴを代表する選手が若すぎる逝去ということで地元だけでなくかつて在籍した各国の友人たちも悲しみに暮れているようです。

今回はこのシャードンウィンチェスターさんの死去に関して取り上げます。

シャードンウインチェスターが死去!死因は交通事故

今回のウィンチェスターさんの死去に関してはサッカー専門誌のGOALがこのように報道しております。

元トリニダード・トバゴ代表FWシャードン・ウィンチェスターが19日、亡くなったことが明らかになった。享年27歳

ウィンチェスターは19日、トリニダード・トバゴ南部の町、ガスパリロのハイウェイを走行中に電柱と衝突。電柱の上部にあった変圧器が車体に落下し、車が炎に包まれた。

1992年生まれ、ウィンチェスターは国内の強豪チーム、WコネクションFCで活躍したウイング。ベトナム、フィンランド、メキシコ、アゼルバイジャンのクラブを渡り歩き、2018年にフィンランドのSJKを退団し、それ以降は無所属の状態が続いていた。

トリニダード・トバゴ代表としては2010年~2017年にかけてプレーし、23キャップを刻んでいる。

出典:GOAL

ウインチェスターさんは東南アジアやヨーロッパだけでなく中米のメキシコなどのクラブチームにも所属して活躍しておりました。

2017年まではトリニダード・トバゴの代表をつとめるなど有力選手としてならしておりました。

そんなウインチェスターさんですが交通事故での突然の死去の報道が入ってきたのです。

トリニダードトバゴのガスパリという街のバイパス道路のようなところで電柱に激突したようです。

人工が130万人ほどの国なので英雄のように扱われていたのかもしれません。

若い才能が失われてこの国の人たちは失望しているのではないでしょうか。

この夏には日本にも来日していたとのことで残念に思う日本人の関係者もいるようです。

嫁と子供は

シャードンウィンチェスターさんは結婚しており3歳の一人娘がいるそうです。

交通遺児をなるこの娘さんのことを地元の報道でも大きく取り上げているようです。

経済的に豊かとはいえない国ですが街の人たちの愛情で立派に育ててくれるのではとネット上では書き込みなどがされております。

その一方で今回の交通事故で死去した一人がウィンチェスターさんのガールフレンドだったという情報もありすでに離婚していたのではという可能性もあります。

そのあたりの情報は錯そうしておりまた新情報が入手できればこちらのサイトにもアップロードしていこうと思います。

ネットの反応

3歳の娘さんかわいそうに……

ご冥福をお祈りします

若すぎやな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です