東京大学大学院の男性特任准教授(差別書き込み)は誰で名前は?Twitterで顔画像など特定か?

東京大学大学院の特任准教授が差別的な書き込みをしたとして炎上しております。

情報学環・学際情報学府の特任准教授ということは判明しております。

そして外国人の差別的な発言に関しては学府長名の名前で「不適切な書き込みが複数」されたという発表がされました。

今回はこの情報学環・学際情報学府の特任准教授の差別的発言に関して取り上げます。

東京大学大学院の男性特任准教授(差別書き込み)は誰で名前は?

今回の東大大学院の不適切ツイッターに関してはハフポスト日本版がこのように報道しております。

東京大学大学院の男性特任准教授を名乗るツイートに「人種差別だ」などと批判が殺到し、東京大学が11月24日、公式サイトで「書き込みは大変遺憾」とする見解を発表した。

問題となったのは、情報学環・学際情報学府の特任准教授を名乗るツイート。

自身が携わる会社で「中国人は採用しません」「中国人って時点で書類で落とす」などと、特定の国籍の人を差別するような発言をした。

さらに「中国人のパフォーマンス低いので営利企業じゃ使えない」と、国籍で決めつける発言を繰り返した。また、自身に批判的な返信に対する反論として「パフォーマンスの低い労働者は差別されて然るべきです」と差別行為を容認する持論も展開した。

これらツイートに批判の声が殺到し、東大の情報学環・学際情報学府は、学府長名の声明で「SNSで、特定個人や特定の国やその国の人々に関する不適切な書き込みが複数なされました」と説明。
出典:ハフポスト日本版

中国人を差別するような内容で東京大学の検証に反するような内容だとして炎上しております。

このようなツイートをしたのは誰かということが問題になっておりますがどのような人物なのでしょうか。

ネット上の情報を探してみると大沢昇平氏という人物が検索でヒットしました。

note
https://note.mu/

こちらのサイトでは大澤昇平氏が特定されておりますが、梁英聖氏という人物が緊急提言という形で論説しております。

こちらの准教授の口座はマネックスの寄付講座のようです。

WEB上にマネックスの公式見解がアップされておりました。
https://www.monexgroup.jp/

Twitterで顔画像など特定か?

梁英聖氏の人物特定が真実とすればTwitterでは大澤昇平氏のアカウントもあります。

しかし、このアカウントが本当の大澤昇平氏のものかどうかはまだ確認できておりませんので参考程度にご覧ください。

顔画像や写真もありますが本人の特定ができましたら改めて記載しようと思います。

学歴や経歴は

前述の氏の学歴などはwikipediaに同姓同名の方がいました。

その方の学歴は福島工業高等専門学校を卒業し筑波大学第三学群情報学類に進んだそうです。

2015年に東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻松尾豊研究室博士課程を修了し、2019年に東京大学大学院情報学環情報経済AIソリューション寄付講座特任准教授に着任しております。

wikipedia情報によれば現在31歳ということです。

ネットの反応

東大も災難だな

個人の感想ですと健康食品や化粧品のように但し書きを入れないと。

気持ちはわかる

いろんな意味でガッカリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です