【死因は医師からの投薬or病気?】マリーケフェルフールト(ベルギー)が死去 結婚して旦那や子供はいる?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

ベルギーの元パラリンピック選手が死去いたしました。

マリーケフェルフールトさんで40歳の年齢でした。

ロンドンパラリンピックではゴールドメダルとシルバーメダルを獲得し、リオデジャネイロ大会ではシルバーとブロンズを獲得しました。

その後は病気が進行して状態が悪くなっておりました。

今回はこのパラリンピックのメダリストの死去について取り上げようと思います。

【死因は医師からの投薬or病気?】マリーケフェルフールト(ベルギー)が死去

マリーケフェルフールトさんの死去については日刊スポーツなどが以下のように報道しております。

パラリンピックの車いす陸上女子メダリストで、脊髄疾患で痛みに苦しみ、医師による死去希望を公表していたベルギーのマリーケ・フェルフールトさん(40)が決断し、同国東部の自宅で22日、医師の投薬を受けて逝去した。

関係者が共同通信に明らかにした。
出典:日刊スポーツ

マリーケフェルフールトさんは脊髄疾患で苦しんでいたようです。

かなり痛みのある苦しい病気のようでそこから逃れるために尊厳をもって医師からの投薬で死去という道を選んだのかもしれないとSNSでも話題になっております。

金銀銅と3色のメダルを獲得して稀有なパラリンピストとして歴史に名を残しておりますが40代の死去は早すぎるというような声が日本のネット上ではきこえてきます。

考え方の違いが根本的にあるのでしょうが人間の尊厳など人はどうあるべきかどう生きるべきかを再確認せよと背中を押されるような気持になるニュースです。

結婚して旦那や子供はいる?

マリーケフェルフールトさんのプライベートなことはほとんど公表されておりません。

プライベートな情報では日本にも来たことがあり東京や京都さらに広島などを巡ったこともあるようです。

広島の原爆記念館が印象的だったようで世界の平和にも思いを馳せていたことがわかります。

鎮痛剤を使い痛みをコントロールしていたのでしょうがそれも限界になっていたようで、最後はランボルギーニに乗るという夢をかなえておりました。

身体的な痛みだけでなく精神的なつらさも本人にしか分からないことがあります。

ベルギーでの出来事ですが日本でもこの問題が真剣に議論されないといけない段階に来ているのかもしれません。

SNSなどのコメントやツイートも真剣に生きるとは何かということを投稿している方が多いような気がします。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

40歳と言う若さでの死の選択は本人も悩んだでしょうが、まずは安らかに旅立ってください。 

痛みは身体の痛みだけではありません。
心の痛みの方が辛い場合もあります。
人生の絶望は障害の有無とは別物です。
生きるかどうかの選択は、個人の考え方こそが尊重されるべきなのです。

あまりニュースになりませんが、日本でも深刻に考えるべき問題だと思う。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です