【死因:がん(病気)?】佐藤しのぶ(ソプラノ歌手)死去 プロフィールと夫や娘の家族構成&ブログは?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

ソプラノ歌手で紅白歌合戦にも出場したことのある佐藤しのぶさんが死去いたしました。

享年61歳で若すぎる死ということで音楽関係者のあいだには驚きが広がっております。

イタリアのミラノへの国費留学など経験を積みウィーンの歌劇場での活躍いたしました。

今回は人気歌手の佐藤しのぶさんについて取り上げます。

死因はがん(病気)?佐藤しのぶ(ソプラノ歌手)死去

佐藤しのぶさんの死去は日刊スポーツなどが以下のように報道しております。

本を代表するソプラノ歌手として活躍した声楽家の佐藤しのぶさんが9月29日に亡くなっていたことが3日、分かった。所属事務所が発表した。61歳、東京都出身。

文化庁オペラ研修所を最年少の首席で卒業。「メリー・ウィドウ」「椿姫」に抜てきされてデビューした。文化庁派遣による芸術家在外研修員としてミラノに留学し、「トスカ」「蝶々夫人」などのタイトルロールを次々に演じた。

ブラティスラヴァ国際フェスティヴァル80周年のオープニングに「トスカ」のタイトルロールで招請され、ヨーロッパデビューをした。
出典:日刊スポーツ

佐藤しのぶさんは61歳で亡くなられたということでまだ活躍できたのにと惜しむ声が多方面から聞こえてきます。

死因についてははっきりした報道はありませんがネット上ではがんを患っていたのではないかとの推測もでております。

しかし、病気のことなど本人や家族の意向で公表を差し控えたい場合もあるのでこれ以上の公式な発表はない可能性が高いようです。

もし死因の病気などが公式に発表されるなどしたときにはこちらでも追加で記事を書いていきたいと思います。

プロフィールと夫や娘の家族構成&ブログは?

佐藤しのぶさんは東京生まれで、高校は大阪音楽大学付属音楽高等学校を卒業されております。

その後、国立音楽大学声楽専攻を卒業し、文化庁のオペラ研修所を首席で卒業されております。

主席だけでもすごいのですが最年少で卒業しているということでその才能は早くから多くの人が知るところとなっておりました。

その後文化庁の派遣でイタリアのミラノに留学し、トスカや蝶々夫人を地元でも演じることになりました。

ヨーロッパデビューも果たした才能あふれる音楽家がこれほど早く逝去されたのは残念で仕方がありません。

NHKの紅白歌合戦にも合計で4回出場しております。

数々の賞にも輝いており、文化放送音楽賞や都民文化栄誉賞、マドモアゼル・パルファム賞などを受賞しております。

佐藤さんの夫は現田茂夫さんで指揮者をされているので音楽でであって結婚したパートナーということのようです。

1992年に娘さんが誕生しており、音楽活動や行き方にも大きな影響を与えたと本人はおっしゃっております。

娘さんの誕生からスタートしたコンサートがあります。

「母の日コンサート」というもので母と子供の愛をテーマにしたものです。

時代が変化してもその母と子供の愛は変わらないということを訴えるコンサートということです。

このコンサートは毎年5月に行われ人気を博しておりました。

このコンサートは約30年間続いておりましたが佐藤さんの死去によって継続が困難となってしまいました。

佐藤しのぶさんはブログなどはやっていなかったようです。

60代ということでネットでいろいろなことをつづったりすることが困難だった可能性があります。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

おきれいな方でしたね。まだお若いのに…。
お悔やみ申し上げます。

才能豊かで声もルックスも美しい方だったのに、非常に残念な訃報だ。病が原因だったのかな?

心からご冥福をお祈りいたします。

横浜にいた頃、出逢いのハーモニー見るのが楽しみでした。個人的には、紅白での美声がとても心に残っています。

適当なことは言えないけど、
今の時代で、女性が61で逝去は若いなあ・・・・・

昔両親とコンサートに行ったことがあります。
まだお若いのに、、病気されていたんでしょうか?
ご冥福をお祈りいたします。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です