韓国大使館員暴行で逮捕されたのは誰で名前は?韓国人職員の顔画像(写真)は?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

韓国の大使館員が暴行事件で渋谷署に現行犯逮捕されていたことが判明いたしました。

この大使館の職員は40代ということですが渋谷の路上で日本人の男性とトラブルになり暴力事件に発展したようです。

大使館員は不逮捕特権があり任意捜査の出頭要請にはいったんは従いましたがその場から離れたということです。

今回はこの韓国大使館員の現行犯逮捕事件について取り上げます。

韓国大使館員暴行で逮捕されたのは誰で名前は?

今回の大使館職員の渋谷での暴行事件について産経新聞などは以下のように報道しております。

東京・渋谷の路上で9月、韓国大使館(港区)の40代の男性事務職員が通行人の男性を殴ったとして、警視庁渋谷署に暴行容疑で現行犯逮捕されていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。

 逮捕後に大使館員であることが判明したため、同署は外交関係に関するウィーン条約に基づき男性職員を釈放。その後、任意捜査に切り替え、同容疑で男性職員を書類送検した。
出典:産経新聞

逮捕されたときは大韓民国の職員ということはわかりませんので通常の現行犯逮捕によって渋谷署に送られたようです。

その後取り調べによって韓国大使館員ということが判明したためウィーン条約での規定に従って釈放したということです。

この逮捕された韓国国籍の男性が誰で名前はなんなのかについては報道されておりません。

外交的な問題にも発展しやすいデリケートな問題なので公表を控えているのではとSNSではコメントなどがされているようです。

大使館の職員が他国で暴力事件を起こすのは信じられないなどとネット上でも議論が交わされている状態です。

韓国人職員の顔画像(写真)は?

渋谷区内で暴行事件を起こして書類送検にまでなった韓国人職員の顔画像や顔写真なども公開されておりません。

おそらくこちらも何らかの他の事件に関係するなどの重大な事項がなければ今後も公開はされない公算が高いようです。

日本と韓国は様々な問題を抱えておりセンシティブな事柄も多い関係です。

ここ一年ほどはそれが高まっているのでこのような状況で大使館職員が事件を起こすのは残念だという意見がコメント欄にも見受けられます。

ウィーン条約は国際間で批准している条約なので国との信用を守るためにも遵守が求められるものです。

不逮捕特権などはその国の住民には納得が心情的に行かなくても国際的な取り決めなので優先的に守られるべき権利ということになるそうです。

いずれにしても大使館員が事件を起こすようなことは目にはしたくないものです。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

信じられない事件です。

何が原因だったのかな?

もう韓国に帰ったのか

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です