収入1千万円のLINEアカウントを削除で通信生逮捕!北斗市高校生運営サイト名と犯人が誰で名前は?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

北海道の高校生が運用していたサイトのアカウントを削除したとして東京文京区の少年が3人逮捕されました。

北海道北斗市の男子高校生はLINEで情報発信していて年間1千万円の収入があったそうです。

そのアカウントを譲渡するように迫って断られての犯行だと考えられます。

高校生がネットで1千万円も稼げるのかと驚いた方もいるかと思います。

今回はこの高校生の1千万円稼ぐサイトにまつわる事件について取り上げようと思います。

収入1千万円のLINEアカウントを削除で通信生逮捕!

今回のLINEのアカウントに関する事件を朝日新聞などは以下のように報道しております。

 SNSで年間約1千万円の広告収入を得ていた少年のアカウントを削除したとして、警視庁は、通信制高校の男子生徒(18)=東京都文京区=ら少年3人を電子計算機損壊等業務妨害の疑いで逮捕し、25日発表した。

 生徒らは少年と同じ方法で収入を得ていたといい、「自分たちの収入を増やそうとアカウントを譲るよう求めたが断られたので、消去するしかないと思った」と供述しているという。

 少年事件課などによると、生徒らは2月22日、東京都内を移動中の車内で、北海道北斗市の通信制高校生(18)が管理する情報発信用のSNS「LINE@」のアカウント四つを削除した疑いがある。
出典:朝日新聞

この北海道の高校生は約3年前からこの情報サイトを運営していました。

どのようにして稼いでいたのかというとサイト上に表示される広告がクリックされると広告収入が出るものです。

有名なものではグーグルのアドセンス広告などがありますが、そのようなクリック型の報酬で年間1千万円の報酬を得ていたようです。

高校生がネットで月に100万円ほども稼げる時代になりました。

逮捕された高校生も同様にしてSNSなどからお金を稼いでいたとみられます。

知り合った方法はサーバー経由か実際にメール機能を使って連絡しあったのかは判明しておりませんが一昔前なら考えられない事件です。

この北斗市の高校生が運営していたサイトの登録者数は延べで200万人が登録していたということでネット上でも驚きの声が広がっております。

北斗市高校生運営サイト名と犯人が誰で名前は?

北海道北斗市

北海道北斗市の高校生が運用していたサイト名は今のところ公表されておりません。

そしてむりやりアカウントのパスワードやIDを聞き出した高校生も未成年ということで警視庁は犯人が誰で名前などの詳細は未公開となっております。

アカウントを5千万円で買いたい人がいるとウソを言って北斗市からおびき出したということです。

高校生が大人顔負けのビジネスを展開しているということでビジネスマンからも驚嘆の声がコメントされております。

北斗市の高校生はきちんと青色申告などの税務報告もしていたようでまともなビジネスをしていたとその才能を認める声も聞こえてきます。

今後は年齢に関係なくネットビジネスで稼ぐ未成年の方も増えていくと考えられるので法整備もそちらの方向にかじを切っていく必要があるようです。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

それにしても、高校生で1千万円の収入とは素晴らしいですね。
削除されたアカウントが復活出来れば良いですね。

被害にあった子は才能あるなあ。
怖い思いをしただろうけど、めげずに頑張って欲しい。

高3で年収1000万できちんと税務申告もしている。文句ないね。
才能ってうらやましいわ。

被害にあった子だったからこそ「1000万円」稼げたのであって、加害者の子たちが同じくらい稼げるとは限らないのにね。騙す方法考える前にフォロワーにより見てもらう方法考える方がよかったのでは

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です