古橋麗|キルフェボンの経歴顔画像や結婚(旦那)と子供は?

洋菓子店で有名なキルフェボンのお家騒動をデイリー新潮が報じております。

新潮ではキルフェボンを創業した人物が株式を売却した後SEOに就任した古橋麗氏について詳しく報じております。

本日は元キルフェボンの運営会社ラッシュの元CEOである古橋麗氏に関しての話題となります。

古橋麗氏に関しては以前にも週刊誌で話題になったこともありますがどのような人物なのでしょうか。

古橋麗|キルフェボン運営会社の元CEO

キルフェボンの運営会社ラッシュの元CEOの古橋麗氏に関してはデイリー新潮が下記のように報道しております。

キルフェボンを育て上げた創業者は2018年8月、ラッシュの全株式を「ODCキャピタル」なる会社に売却している。

それに伴い、古橋麗という経営コンサルタントの女性がラッシュのCEOに就任したが、わずか1年あまりでその職を追われてしまう。

そればかりか、ラッシュを相手取り、不当解雇による慰謝料の支払いを求めて法廷闘争を繰り広げていたのだ。

古橋元CEOによると、離婚した前夫がラッシュの前オーナーとの交渉にあたり、買収の受け皿としてODCキャピタルを設立。しかし前夫は代表に就かず、顧問税理士を据えた。

 買収価格45億円のうち、手付金5億円は前夫の知り合いの情報サービス会社が出資し、残り40億円を捻出する過程で、怪しげな人物が次々と登場する。

出典:デイリー新潮

古橋麗氏はキルフェボンの運営会社であるラッシュのCEOに就任しますが1年ほどでその任を解かれてしまいます。

その後不当解雇との主張で地裁で裁判にもなっておりました。

その後ラッシュの買収に関しては様々な登場人物が出てきております。

新潮ではお家騒動などといっておりますがキルフェボンのブランド力は強く少しくらいの騒動では揺るがない様子です。

経歴顔画像

古橋麗氏の経歴やツイッターやインスタでの顔画像などはあるのでしょうか。

経歴に関しては公認会計士の資格を持っているということで大学卒業後には監査法人などで勤務していたと思われます。

公認会計士試験に合格するにはかなりの努力が必要です。

大学別の合格者を見ると慶応大学、早稲田大学、東京大学、神戸大学、明治大学、中央大学など商学部のある大学が多くの合格者を輩出しております。

古橋氏の学歴のプロフィールは公開されておりませんが上記のような有名大学出身の可能性が高いようです。

結婚(旦那)と子供は?

古橋麗氏の旦那や子供に関しても関心を寄せる方も多いようです。

古橋元CEOは、「DA PUMP」のメンバーのDAICHIとのバレンタイン婚が報じられた女性である。

との報道もあり一時期は一般人とも言えどかなりの注目を浴びていました。

古橋氏には今後もその活動が注目されそうです。

キルフェボンの運営などからいろいろなノウハウを得て今後のさらなる活躍の糧にしていくのかなどの意見もあるようです。

ネットの反応

古橋麗氏の今回の報道ではまたかなどの意見もあるようです。

キルフェボンのブランド力がかなり強くその運営にも飲食業界の方はかなり注目されているようです。

今後のキルフェボンのクオリティなどはどのようになっていくのでしょうか。

心配などはいらないのでしょうか。

メモ書きや図が必要そうな話題だな。

さっぱり分からん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です