【木下ふみこ】結婚+家族(旦那と子供)は?無免許運転

東京都の都議会議員の、木下ふみこ都議が無免許で車を運転し事故を起こしていたことが判明いたしました。

木下ふみこ都議は都民ファーストの会から出馬し先日の選挙で当選しておりました。

免許停止中の期間に自動車に乗り交通事故を起こしたということで地元の選挙民などからは怒りの声が湧き出ているようです。

TwitterなどのSNSでも批判の声がたくさん投稿されているようです。

木下都議は「大きな事故ではまったくない」と朝日新聞の取材に答えたと報じられていますが、ぶつかった夫婦はけがをされているようですし、無免許運転となると、法的責任も重いと思います。

免許資格の有無なんて、秒で確認出来るだろ。それをすぐせずに答えられないのは怠慢。
と言うか7月2日の事故が今頃公になるのもおかしい。無免許運転が確認され公表されれば、選挙の趨勢に大きな影響を与えた可能性が高い。今更大きな結果は変わらずに当該議員の議員辞職などでお茶を濁されると思うが、都民からの信頼を、大きく裏切る事になったのは間違いない。

木下ふみこ都議の交通事故は無免許運転ということで大きな批判が起きております。

東京都民の信頼を裏切ったということにもなりますが今後議員の辞職などが話題になりそうです。

本日は東京都議会議員選挙で先日当選したばかりの木下ふみこ都議会議員に関しての話題となります。

木下ふみこ都議が無免許運転で事故

木下ふみこ都議が無免許運転で交通事故を起こしていた事実はフジテレビ系列で下記のように報じられております。

東京都議会議員選挙に都民ファーストの会から出馬し、4日に当選した木下ふみこ議員が、7月2日に交通事故を起こしていたことがわかった。

警視庁は、免許停止期間中で無免許だったとみて調べている。

木下ふみこ議員は、7月2日午前7時半ごろ、板橋区高島平の交差点で、車をバックさせた際に停車していた車に衝突し、この車に乗っていた人は軽いけがをしたという。

木下ふみこ議員は、都議会議員として、都民ファーストの会の東京都議団副政調会長を務め、今回の都議選にも出馬し、板橋区で4日、当選していた。

木下議員は、「免停中だったが期間を間違えて乗ってしまった」と話している。

出典:FNN

木下ふみこ都議は免許停止期間中だったということです。

その免停の期間を勘違いして車を運転してしまったとのことですがそのような事が議員として有り得るのでしょうか。

過失として扱うには重いような気がするとのことです。

更に選挙期間中にこの無免許での交通事故を公にしていなかったということで本人だけでなく都民ファーストの会の事務局などにも批判の矛先が向けられてりるようです。

結婚+家族(旦那と子供)は?

木下ふみこ都議に関して日本中の注目が集まっています。

結婚関係に関しても注目している方も多いようです。

木下議員は結婚して旦那や子供はいるのでしょうか。

年齢が54歳ということですが1990年代に結婚はされているようです。

出産に関しての記述も経歴の中にありますので子供もいるようです。

夫やお子さんなどの家族関係はプライバシーの保護の点から詳細な項目は公けにはなっていないようです。

学歴は

木下ふみこ都議に関してはその経歴やプロフィールも注目されています。

どのような学歴で高校や大学はどちらを卒業してきたのでしょうか。

木下議員の出身は愛知県名古屋市で出身高校は向陽高校ということです。

向陽高校卒業後は東京外国語大学外国語学部スペイン科に進みます。

難関の東京外語大のスペイン語科に入学したということはかなりの秀才だったようです。

更には現在では東京大学大学院都市持続再生学コースに在籍し研究活動もしているということで優秀な人物との評判です。

どうしてこのような素晴らしい学歴や経歴を持っている人物が無免許で事故を起こしてしまったのでしょうか。

木下議員の後援会などは相当なショックを受けているようです。

ネットの反応

SNSでは木下ふみこ都議の無免許での自動車事故の報道を受けて批判が殺到しています。

事故を隠したまま選挙活動をし当選したのではなどの疑惑が持ち上がっております。

批判が相当に大きくなっているようですので今後は議員辞職などが焦点になってきそうな情勢のようです。

進退をどう判断するのかにも木下議員に関しては注目されています。

区の信頼を裏切ったなどの舌鋒鋭い批判などもSNSには投稿されているようです。

議員辞職不可避。それにしてもこういう報道を何故今日するかね?土曜日にやっていたら、だいぶ選挙結果も違かっただろうに。

無免許運転だとしたら選挙どころではなく出馬を取りやめるべきでしたね。
当選してもバレて大事になるのは目に見えてたでしょう。

これは絶対に許されない。当選辞退し追放処分にするべき。こんな法律を守れない奴が議員になろうとかふざけるな。2度と立候補を許してはいけない。

1 COMMENT

車の運転中ドライバーは、当然自動車運転免許証を常時携帯しているのが当たり前です(日本の常識!)。免許証不携帯でも道交法違反ですし、運転不可能です。彼女は、順法精神に欠けます。都議会議員にしては、超お粗末。そして、免停停止期間が過ぎた(終了)と思う発言はおかしいです。何故なら免停期間が終了しないと、警察から免許証の返納がないと思量されます。故に彼女の言い訳(弁解)は合理性がない。それから軽傷とは言え人身事故を起こしています。警察による現場検証もあった筈です。7月2日の事故、事件ですから都議選議員候補を辞退すべきでした。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です