今井尚哉首相補佐官は現在影の総理?日本会議と岩田明子NHK記者の関係

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

第4次安倍再改造内閣が発足しましたが首相補佐官に今井尚哉氏が就任しました。

今井尚哉首相補佐官は経産省の完了で前内閣総理大臣秘書官でした。

秘書官から補佐官へと重要度が増したということが言えます。

今回は今井尚哉氏について取り上げたいと思います。

今井尚哉首相補佐官は現在影の総理?

日本経済新聞によると今回の内閣改造について以下のように報道しております。

初入閣は13人で2012年の第2次安倍内閣発足後、最多となった。これまで最も多かったのは18年の第4次改造内閣の12人だった。

環境相に充てる小泉進次郎氏は38歳で、戦後3番目の若さでの入閣となる。女性閣僚は総務相の高市早苗氏と五輪相の橋本聖子氏の2人となる。

外相は茂木敏充経済財政・再生相、防衛相には河野太郎外相が横滑りする。

経済政策の柱に位置づける社会保障制度改革は、厚生労働相の加藤勝信氏と、経財相で社会保障担当を兼ねる西村康稔氏が中心となる。
出典:日本経済新聞

小泉進次郎氏の大臣就任など話題の人事ですが総理大臣補佐官もSNS上で注目を浴びております。

現在は今井尚哉氏は首相補佐官ですが第一次安倍内閣の時から内閣官房に出向して内閣総理大臣秘書官をしていました。

それが2006年ですから13年も前から官庁との連絡役として付き合いがあったということになります。

第1次と第2次の安倍内閣につかえていて内政のほか外交にも影響力を持っていることから影の総理と呼ぶ向きもあります。

確かに政策に与える影響は大きいでしょうが方向性を決定するのは担当大臣や副大臣ですのでその指導力が問われるのではとネット上でコメントが出ています。

日本会議と岩田明子NHK記者の関係

日本会議は安倍首相と関係のある保守派の会議でたびたび話題となっております。

岩田明子氏はNHKの記者でこちらも安倍首相と関係が近いと言われております。

日本会議と岩田明子記者が直接関係を持っているわけではなさそうですが、どちらも安倍首相に近いということでネット上で話題になっているようです。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

モリカケで活躍した人だな

長くやっていいれば影響力は大きくなります。

人材がいないのでしょうか

宇都宮高校なんですね!

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です