中嶽弘継経水上村長が暴言パワハラ?経歴学歴は

熊本県水上村の村長が暴言のパワハラをし男性職員がうつ病を発症したとして裁判になっているとのことです。

この村長は中嶽弘継経氏で自信はパワハラを行ったという認識はないとのことです。

真相は裁判の中で明らかになるのでしょうか。

今回は中嶽弘継経村長に対する暴言のパワハラ裁判に関しての話題となります。

中嶽弘継経水上村長が暴言パワハラ?

中嶽弘継経水上村長の暴言のパワハラの裁判に関しては読売新聞が下記のように報道しております。

熊本県水上村の中嶽弘継村長からパワーハラスメントを受けてうつ病を発症するなどしたとして、休職中の男性職員(53)は10日、村長と村を相手取り、慰謝料など計約525万円の損害賠償を求めて熊本地裁人吉支部に提訴したことを明らかにした。

訴状などによると、職員は2007年に総務課に配属され、公用車の運転手をしていた。パワハラは16年6月頃に始まり、車を離れてトイレに行った際に「膀胱(ぼうこう)がおかしいのか」などと罵声を浴びせられ、別の日には、車内でマスクをしていると「マスクをしていることがわからん」、「懲戒にする」などと言われたと主張。職員はうつ病と診断され、昨年6月から休職を余儀なくされたとしている。

記者会見で職員は「安心して働ける職場にしたい」と語った。中嶽村長の代理人弁護士は「パワハラを行った認識はない。訴訟が提起されたのであれば真摯(しんし)に対応したい」としている。

出典:読売新聞

熊本県の中嶽弘継経水上村長に対してパワハラがあったとして熊本地裁人吉支部に提訴がありました。

現在パワハラを受けたという男性職員は休職中ということですがうつ病を発症しているということです。

慰謝料として525万円の損害賠償の裁判ということですが2016年頃から暴言を吐かれていたとの主張です。

経歴学歴は

中嶽弘継経氏に対する裁判が提訴され注目が集まっているようです。

これまでどのような経歴や学歴なのでしょうか。

インタビューで下記のように答えている部分がありました。

幼少のころから山や川の恩恵を受け自然の植物や生物に触れて育ちました。ありがたいことだと幸せに思います。役場勤務を経て村長になったのは、この自然を活かした村づくりが必要と感じたからです。

引用:https://mizukamimura.jp/live/live/interview_03/

出身は地元の水上村でそこで育ったようです。

その後村役場での勤務を経て村長となったようです。

中嶽弘継経氏に対する出身高校や大学などの学歴に関してはネット上には情報が無いようです。

今後このパワハラ裁判に関しての報道が増えるに従いプロフィールなども大きく報じられる可能性はありそうです。

中嶽弘継経村長の学歴などが解った際にはこちらのブログにも情報を追記しようと思います。

ネットの反応

中嶽弘継経水上村長

行きたいときにトイレに行けて、ちゃんと排泄行為が出来る事は、大袈裟でなく、人としての尊厳に大きく関わる問題。

「おい、体調悪いのか?」くらい声かけしてもよい状況。

人口2000人
マンモス高校の全校生徒より少ない。その高校の生徒会長には公用車なんて付いてないよ??

画像引用:https://kome.kaneko-shouten.co.jp/action/lecture/%E3%80%8C%E3%83%92%E3%83%8E%E3%83%92%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%80%8D%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%9C%8C%E6%B0%B4%E4%B8%8A%E6%9D%91%E3%81%B8%EF%BC%88%E8%AC%9B%E6%BC%94%EF%BC%89.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です