ユサンチョル柳想鉄が死去|死因はすい臓がんで嫁と子供は?

韓国サッカー界の英雄が死去したとの報道が世界を駆け巡っております。

死去したのはユサンチョル(柳想鉄)さんで享年49歳ということです。

40代での韓国サッカー界の英雄の訃報に多くの韓国人が衝撃を受けているようです。

死因はすい臓がんということで余命なども厳しいものがあるようでしたが今月の死去となってしまいました。

Twitterなどでは日本人からも追悼のコメントがたくさんされているようです。

ユサンチョル柳想鉄が死去

ユサンチョル(柳想鉄)さんの訃報は韓国内で大々的に報道されております。

サッカーのワールドカップ(W杯)韓日大会で韓国の4強神話の主役だった柳想鉄(ユ・サンチョル)さん=前仁川ユナイテッド監督=が7日午後7時ごろ、すい臓がんのためソウル市内の病院で亡くなった。49歳だった。

 19年5月に韓国プロサッカー仁川の指揮官に就任した柳氏は、シーズン中だった同年11月にすい臓がんの診断を受けた。それでもシーズン終了までチームを指揮し、1部リーグ残留という任務を成し遂げ、シーズン終了後に治療に入った。

3年近く治療に専念していた柳監督は、テレビ番組に出演するなど回復に向かっている様子を見せた。「必ずピッチに戻る」と何度も意欲を見せていたが、最近になって病状が悪化し、帰らぬ人となった。

柳氏は韓国サッカーの歴史の中でもオールラウンドのマルチプレーヤーとして知られる。02年W杯のベスト4進出の主役だった柳氏は、洪明甫(ホン・ミョンボ)蔚山監督と共に02年W杯の公式ベスト11に選ばれた。

出典:朝鮮日報

ユサンチョル(柳想鉄)さんは2002年の日韓ワールドカップの際に大活躍した選手として知られております。

ワールドカップの公式のベストイレブンにも選出され韓国人選手として世界的に知られるプレーヤーでした。

日本でもユサンチョルさんの名前は知られておりサッカー通でなくとも名前を聞いたことのある方も多いようです。

そんな有能な選手が40代という年齢で死去し多くのサッカー関係者がショックを隠し切れないようです。

死因はすい臓がん

ユサンチョル(柳想鉄)さんの死因はすい臓がんということです。

すい臓がんの余命はあまり長くなく手術後の経過なども厳しいものがあるようです。

急激な病状の悪化で今回の死去となってしまったとのことです。

近年ではすい臓がんの抗がん剤なども開発されつつあり昔よりは治療が期待できるということですがユサンチョルさんは49歳での死去となってしまいました。

本当に残念だなどの意見が日本国内でもありますし40代での死亡はあまりにも早すぎるとの意見が多いようです。

嫁と子供は

ユサンチョル(柳想鉄)さんは49歳での死亡となりましたが嫁や子供はいるのでしょうか。

ユサンチョルさんの嫁などで検索すると「チョイヒーサン」という名前がヒットします。

1997年に結婚したということですが子供などの情報なネット上には無いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です