ジャックシャーマン死去:死因は病気?持病と経歴は

レッドホットチリペッパーズの元ギタリストのジャックシャーマンが死去いたしました。

享年64でのジャックシャーマンさんの訃報ということで音楽関係者の間には衝撃がはしっております。

本日はレッドホットチリペッパーズのジャックシャーマンさんの死去に関して取り上げます。

ジャックシャーマン死去

ジャックシャーマンさんの死去は下記のように報じられております。


ジャック・シャーマン(Photo by Getty Images)

レッド・ホット・チリ・ペッパーズの元ギタリストであるジャック・シャーマンが8月18日に亡くなった。享年64。

バンドはInstagramで、このようにコメントしている。「私たちRHCPファミリーは、亡くなったジャック・シャーマンが世界の彼方へ順風満帆に旅してくれることを祈っています。ジャックは、私たちのデビューアルバムや最初のアメリカツアーで演奏してくれました。彼はユニークなやつでした、良い時も悪い時も、一緒に過ごした全ての時間に感謝しています」

出典:RollingStones

ジャックシャーマンさんの死去はアメリカの音楽関係者だけでなく日本でも注目されております。

64歳での死亡ということで現代ではジャックシャーマンさんのこの年齢での訃報はあまりにも早すぎるとの印象が強いようです。

死因は病気?持病は

ジャックシャーマンさんの死因は何だったのでしょうか。

この死因に関しては報道されておらず持病なども確実な報道が現時点ではないようです。

死亡した原因など確定情報が入りましたらこちらでのアップしていこうと思います。

経歴

ジャックシャーマンさんの経歴はどのようなものなのでしょうか。

1983年12月に結成メンバーのヒレル・スロヴァクと交代したシャーマンは、セルフタイトルのデビュー・アルバムで演奏し、2ndアルバム『フリーキー・スタイリー』でも作曲面で貢献した。

シャーマンのレッド・ホット・チリ・ペッパーズ在籍期間は1983年12月から1年余りで、創設メンバーのヒレル・スロヴァクに代わって、ギタリストとしてセルフタイトルのデビュー・アルバムに参加した。シャーマンは2作目『フリーキー・スタイリー』でも多くの曲を共同作曲していたが、1985年初頭にスロヴァクが同作のレコーディングに先立って再加入したため、バンドは緊張感が高まるなか、シャーマンとの別れを告げた。

その後すぐに、シャーマンはボブ・ディランの1986年作『ノックト・アウト・ローデッド』に起用され、トム・ペティ、ロニー・ウッド、デイヴ・スチュワート、マイク・キャンベルと並んでクレジットされた。

シャーマンはレッチリに復帰し、1989年にリリースされた『母乳』収録の2曲でバック・ヴォーカルを担当。スティーヴィー・ワンダー「Higher Ground」のカバーにも貢献した。

レッドホットッチリペッパーズでの在籍期間は1年半ほどと短かったにもかかわらずその存在感は印象的でした。

60代での死去はあまりにも早く米国の音楽シーンでも衝撃的にとらえられているようです。

ネットの反応

ジョジョで知った。

64歳は早すぎるな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です