【佐戸未和】死因はうっ血性心不全で学歴と婚約者とは?

NHK記者だった佐戸未和さんに関してデイリー新潮が報じております。

「目撃!にっぽん」のクレジットに佐戸さんの名前が出なかったということで何らかの情報の部分に不自然なところがあったという指摘もあります。

佐戸未和さんの直接の死因はうっ血性心不全ということですがかなりの過重な労働環境が影響していたということです。

Twitterなどではコメントを書き込んでいる方も多いようです。

今朝はデイリー新潮の佐戸未和さんへの報道に関しての話題などです。

佐戸未和|死因はうっ血性心不全

佐戸未和さんの死因がうっ血せ心不全だったという報道はデイリー新潮が下記のように行っております。

13年に東京都議選と参院選の取材を担当した後、うっ血性心不全で死去した。僅か31歳の若さだった。

発症2か月前の時間外労働時間は月188時間4分。発症1か月前は月209時間37分だったことが判明した。

NHKは「ニュースウォッチ9」(平日・21:00)で報じたが、放送時間はわずか2分16秒。その後も消極的な報道にとどまった。

両親は会見を開き、NHKの虚偽を指摘。経緯を詳細に説明し、NHKにおける勤務管理の問題を改めて訴えた。

出典:デイリー新潮

佐戸未和さんの死因はうっ血性心不全ということですがその直前の労働環境の影響が大きく起因しているということのようです。

NHKの問題として注目されてきましたがここにきてデイリー新潮の報道により再度脚光を浴びている形のようです。

労働環境の改善など現実はどのような職場になっているのでしょうか。

婚約者とは

佐戸未和さんに関してネットで調べていると「婚約者」という単語が出てきました。

婚約者がいたのでしょうか。

31歳だった佐戸さんには結婚を2か月後に控えた婚約者がいました。

未和さんは2カ月後に結婚を控えていた。「冷たくなった未和の左手の薬指に、婚約者が結婚指輪を改めて作り直してはめてくれたんです…」と振り返った。

恵美子さんは、未和さんの遺影を肌身離さずに持っている。婚約者とハワイで撮った1枚で、青空の下、穏やかな笑顔の未和さんが印象的だ。「人生の半分も生きられず、生を絶たれた未和の無念さを思うと、哀れでならない」と声を震わせた。

母親の恵美子さんは元NHK記者の遺族として今も講演を行っているということです。

学歴は

佐戸未和さんの学歴は一橋大学卒業ということは既に報じられております。

かなり優秀な方でNHK内でも将来を期待されていた人材ということです。

出身高校や中学などの詳細なデータは公開されていないようです。

ネットの反応

佐戸未和さんの死去に関する報道を受けてSNSでは大きな反響があるようです。

今後同じことを繰り返さないためにも何らかの教訓が必要だなどの意見もあるようです。

取材方法に関しても問題提起しているような部分もあり多くの報道関係者なども新潮の報道には関心が寄せられているようです。

これって、NHKだけの問題なんだろうか?どこのテレビ局でも発生してるんじゃないかな。マスコミは他社や他者を糾弾するけど、自分たちのことは、かんたんに隠蔽できるし

上の判断なのでしょうか。
こうやって、表示しない事が問題となり、更に問題が大きくなる事は予見していなかったのでしょうか。

この問題にもっと光が当たり、世論の声が抗えざる力となって、正しく組織改革される事を願います。ご遺族の方も、きっとそれを望んでいらっしゃると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です