ディーザーD(マリク役)が死去|死因は心臓発作の病気で持病は?

「ER 緊急救命室」で看護師役のマリクマクグラスを演じていたディーザーDさんが死去いたしました。

ディーザーDさんは享年55歳ということですがその死因などが注目されているようです。

死去した、ディーザーDさんに関してはいろいろな噂もあるようですがどのような経緯での訃報となったのでしょうか。

ディーザーD(マリク役)が死去

ドラマでマルク役を演じていたディーザーDさんの死去は下記のように報じられております。

米テレビドラマ「ER 緊急救命室」の全15シーズンにわたって看護師マリク・マクグラス役で出演したディーザー・Dさんが現地時間1月7日に亡くなった。55歳だった。

TMZ.comによると、ディーザーさん(本名ディーロン・トンプソンさん)はロサンゼルスの自宅で意識不明の状態で発見されたとのこと。

家族は心臓発作だと考えているらしいが、正式な死因はまだわかっていないという。ディーザーさんは2009年に6時間にわたる心臓手術を受けていたそう。

出典:シネマトゥデイ

ディーザーDさんの死去はアメリカの芸能界に大きなショックを与えています。

年齢が55歳ということも有りどのような原因での訃報となったのでしょうか。

日本でも人気のあった俳優の死去でファンたちも衝撃を受けているようです。

死因(死亡原因)は心臓発作の病気?

ディーザーDさんの死因はどのようなものなのでしょうか。

死亡原因としてはネット上では心臓発作の病気なのではという情報があります。

手術も2009年に受けていたということですが今回の死去に何か関係していたのでしょうか。

持病は

ディーザーDさんには何らかの持病があったのでしょうか。

心臓に関しての持病なども報じられております。

持病があったということですが、心臓発作を起こしたと家族は考えているようです。

ネットの反応

ディーザーDさんの死去はツイッターでも大きな話題となっています。

年齢が50代ということで欧米の芸能界にも大きなショックがあるようです。

海外で心臓発作と聞くとあれを連想してしまう

まだ若いのに

50代はショック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です