【橋本善吉が死去】韓国や在日とは?死因は老衰

橋本聖子参院議員の父親でマルゼンスキーを生産した橋本善吉さんが死去いたしました。

享年96歳ということで死因は老衰ということです。

橋本牧場で名馬を生産し燦然とした実績を残した橋本善吉さんですが北海道の自宅で死去したということです。

今回は橋本聖子さんの父親の橋本善吉さんの訃報に関して気になることがありましたので取り上げてみようと思います。

橋本善吉が死去

橋本善吉さんの死去はスポニチアネックスが下記のように報道しております。

“スーパーカー”と称えられた昭和の名馬マルゼンスキーを生産した橋本善吉(はしもと・ぜんきち)氏が19日、北海道の自宅で老衰のため死去した。96歳だった。

同氏は92年アルベールビル冬季五輪のスピードスケートでメダリスト(銅メダル)となり、現五輪相の橋本聖子参院議員(56)の父。

出典:スポニチアネックス

橋本善吉さんは多くの名馬を産出しましたが昭和の名馬とも評されるマルゼンスキーがファンの間では有名です。

1970年代に大活躍したマルゼンスキーは往年の競馬ファンの心には残っていることでしょう。

そして参議院議員の橋本聖子さんの父親という点でも訃報に際して再注目されているようです。

韓国や在日とは?

橋本善吉さんの名前を検索すると「韓国」などという文字が出てきます。

何か韓国と橋本さんは関係あるのでしょうか。

さらにネット上には在日などの文言もありますが出自に韓国などは絡んでいるのでしょうか。

引用:http://busan.chu.jp/korea/old/fukei/pohan/9-hasimoto.html

調べてみると韓国の釜山で事業を成功させた日本人で同姓同名の橋本善吉さんがいたということのようです。

明治時代の話で時代も出身も違う人物です。

橋本聖子さんのお父さんは韓国とは直接の関係はなさそうです。

死因は老衰

橋本善吉の死因は老衰と公表されております。

96歳という年齢での訃報ということで大往生となるのではないでしょうか。

死因は老衰ということですが年齢的にも何らかの持病などもあったと思われます。

ネットの反応


橋本善吉さんはマルゼンスキーで不動の地位を築きました。

さらに高齢になっても経営に携わり健在ぶりを発揮していたようですが今回の死亡ということになりました。

橋本さんの心よりのご冥福を申し上げたいと思います。

つい最近まで社台グループですら橋本氏には配慮していたと日高に住む知人から聞いたことがある。

力を持った方だったのでしょうね。ご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です