名古屋錦三の会員制クラブでクラスター!店名と場所はどこ?

名古屋市中区錦三地区で新型コロナウイルス感染のクラスターがが発生したとの報道がありました。

このクラスター(集団感染)は会員制のクラブということで従業員と客を含め感染者は合計で20人以上になっているとのことです。

名古屋でもクラスターが発生し新型コロナウイルスの感染の拡大が愛知県内でも注視されております。

この記事では名古屋市中区錦三の会員制のクラブでの新型コロナウイルス感染のクラスター発生に関して取り上げます。

名古屋錦三の会員制クラブでクラスター

名古屋市中区の錦三地区での会員制クラブでのコロナクラスターの発生に関しては中日新聞がこのように報道しております。

東海地方最大の繁華街・名古屋市中区錦三地区の会員制クラブで、新型コロナウイルスのクラスターが発生した。接客を伴う店。感染した客や従業員らはこれまでに二十人に上っている。

 このクラブを訪れた人の感染は十三日以降、相次いで判明した。七月一、二日に東京に出張し、その後、同月上旬にクラブを訪れた名古屋市の五十代の男性、その知人、従業員などが相次いで感染した。

錦三地区では、カラオケバーでのクラスター発生も既に確認されている。県や市によると、カラオケバー関連では二十一日までに、県内だけで二十九人の感染者が出た。

名古屋市内の繁華街では七月以降、これら二軒の他にも十軒超の飲食店で、感染が起きたと疑われる例が出ている。関係者は「市中感染が確実に広がっている」と危惧する。

出典:中日新聞

名古屋市錦三地区の会員制クラブでのクラスターでは20人以上の陽性者が出ており問題は深刻かしております。

名古屋市内ではカラオケバーにおいても集団感染がありましたが店舗名の公表はまだです。

やはり接客を伴う飲食店やカラオケ店がクラスターのエピセンター的な要素を持つようです。

店名は?

今回報じられており名古屋市の錦三地区の会員制クラブの店名は何というのでしょうか。

この錦三にある会員制のクラブの店名に関しては現時点では報道されておりません。

なぜ店名を公表しないのか名古屋市当局には批判も集まっているようです。

場所はどこ?

このクラスターの発生した錦三の会員制のクラブの場所はどこなのでしょうか。

この店舗の場所に関しても錦三地区とだけ明らかになっているのみで店舗が特定できるような情報が今現在報じられてはおりません。

今後、錦三の会員制クラブの店名などが公開された際にはこちらのブログにも新情報を追記しようと思います。

Twitterでのコメント

客は飲食店はどこも感染拡大防止対策を打ってると思ってるから訪れる。
クラスターが出た店の対策はどうだったのかを公表しないと。

これでは飲食店が一色担にされてしまいさらなる風評被害を生んでしまう。素人でもこれぐらいの事を考えつくのに、行政やマスコミの賢い方々が考えつかないはずがない。何か発表しないできないわけでもあるのか?

経済と感染拡大は比例してるから難しい問題ではあるが最小限のダメージに抑えるにはもう少し考えてもらわないと。

国中、あちこちでクラスターの発生。飲食はマスクをつけてできないからか、飲食店での発生が目立ちますね。

最近飲食店が多いのはマスク外してワイワイ会話するのがクラスターになるスポーツ観戦や満員電車で報告がないからそういう事だろうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です