エカテリーナアレクサンドロフスカヤ(20)死去で死因は?インスタ画像

フィギュアスケートで平昌オリンピックにオーストラリア代表で出場したエカテリーナアレクサンドロフスカヤさんが20歳の若さで死去したということです。

20歳という年齢での訃報にスケート関係者は皆一様に驚いているとのことです。

Twitterでもエカテリーナアレクサンドロフスカヤさんの死去は驚きをもって受けとめられておりフィギュアスケートファンからは悲痛なコメントも書き込まれております。

昨日今日と悲しいニュースが多すぎる。

まずは、ご冥福をお祈りします。

若い方の訃報が続いているような感じを受けますが海外からのかなしい知らせに気持ちがつらくなります。

エカテリーナアレクサンドロフスカヤ(20)死去

エカテリーナアレクサンドロフスカヤさんの死去に関しては時事通信社がこのように報じております。

ロシア出身の元フィギュアスケーターで、オーストラリア代表として2018年平昌冬季五輪に出場したエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ(Ekaterina Alexandrovskaya)さんが20歳で死去したことが18日に分かった。

ロシアの司法当局は現時点で正式なコメントを発表していないが、コーチによれば、モスクワ中心部にある建物の6階の窓から落ちたという。国内メディアは「愛している」と書かれたメモが残っていたと報じております。

ーチによれば、アレクサンドロフスカヤさんは1月の練習に出てこなかったことがあり、その後にてんかんと診断され、現役を退いていた。以前からうつにも悩んでいたという。

出典:時事通信社

エカテリーナアレクサンドロフスカヤさんの死去は多くのフィギュアスケート関係者にショックを与えております。

20歳という年齢での死去に日本のファンも悲しみのコメントをTwitterなどの書き込んでいるようです。

2017年にはジュニアワールドチャンピオンにもなっております。

ロシア出身でその後オーストラリアの代表として2018年のピョンチャンオリンピックに出場しましが精神的なプレッシャーも大きかったのでしょうか。

本当に残念だとのコメントがたくさん書き込まれております。

死因は?

エカテリーナアレクサンドロフスカヤさんの死因は何だったのでしょうか。

競技人生の中ではてんかんという診断で現場からは離れていたようです。

それが原因になったのかどうかはわかりませんがその後に鬱となり精神的もかなり悩んでいたとのことです。

インスタ画像

エカテリーナアレクサンドロフスカヤさんのインスタの画像などはあるのでしょうか。

インスタで検索するとエカテリーナさんのアカウントがありました。

この投稿をInstagramで見る

Day off in Oberstdorf???

Ekaterina Alexandrovskaya(@alexandrovskaya.k)がシェアした投稿 –

エカテリーナアレクサンドロフスカヤさんのご冥福をお祈りしたいと思います。

Twitterでの意見

医者で治らない病気を抱える人の悩みは深刻だと思う。
自発的に探せば適切な治療を見つけられる可能性もあるが、普通の医者ではまず望む診断能力を持ち合わせていませんから。

昨日、今日と辛いなあ

鬱で苦しんでらしたのかな。神的な疾患に罹ってしまった方々を、そのご家族を、どうやったら理解して社会として支えてあげられるのだろう。悲しい…

どれほどのプレッシャーと闘ってきたことでしょうか。
ご冥福を祈ります。

病気だったら本人の意思では治らないから、ちゃんと治療して欲しかったです。
才能ある人がこんな選択をせざるを得ないなんて悲劇です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です