ススキノコロナクラスターの店舗の場所は?集団感染のキャバクラの店名特定か【Twitter】

札幌のススキノのキャバクラ店でコロナクラスターが発生しました。

この店舗は最初の新型コロナウイルスの感染者が確認された後も営業を継続していたとのことで批判が集まっているようです。

濃厚接触者の数も600名以上になり大規模なコロナクラスター(集団感染)が起きている可能性も否定できません。

この北海道札幌市の歓楽街で起きたススキノコロナクラスターの店舗に関して取り上げます。

ススキノコロナクラスター

北海道札幌市のススキノコロナクラスターの発生は北海道ニュースがこのように報じております。

北海道札幌市ススキノの接待を伴う飲食店で、店の客や関係者など12人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

札幌市は7月15日、20代から40代の男女と年齢・性別非公表の合わせて12人が、新型コロナウイルスに感染したことを確認しました。

 このうち、11人は札幌市ススキノの接待を伴う飲食店いわゆる「キャバクラ店」の客と女性スタッフなどでした。

この店では、女性スタッフがマスクなどの感染防止対策をとらないこともあり、長時間客と近い距離で接客していたこともあったということで、札幌市はこの店でクラスターが発生したと認定し、対策を始めました。

またこの店は1人目の感染発覚後も13日まで営業を続けていて、1日30人から40人の客が来ていたとみられ、札幌市では2週間で濃厚接触者が600人程度いる可能性があるとみています。

 札幌市では「店側の了解が取れていない」として、店名を公表していません。

出典:UHB

このススキノの新型コロナのクラスターが発生した店舗ではマスクなどの感染予防の対策をとっていなかったということもあり非難の声が高まっております。

さらにこのキャバクラ店では一人目のコロナの感染者が確認された後も営業を続けたという点でも批判が集中して炎上状態になっているようです。

約2週間の営業期間中に600名ほどの濃厚接触者がいる計算になり札幌市にはこのキャバクラ店の店名を公表するように要望する声が次第に強くなっているようです。

店舗の場所は?

札幌市の夜の街での新型コロナウイルス感染のクラスター(集団感染)の発生したキャバクラ店の店舗の場所はどこなのでしょうか。

報道では札幌市ススキノとだけ公表されており具体的な店舗の場所は非公表となっているようです。

店舗の場所が特定駅れば店舗名などキャバクラ店のお店の名前が判明することから公開されていないようです。

集団感染のキャバクラの店名特定か

コロナの集団感染のキャバクラの店名を特定できているのでしょうか。

札幌市は当然このコロナクラスター発生の店舗名は特定できております。

しかし、このキャバクラ店が店舗名の公開を了承しないという理由で市民へのお店の名前の公表を見送っているということで批判が高まっております。

Twitterの意見

Twitterではこの新型コロナウイルス感染のクラスター発生の店舗名を公表すべきとの意見が強まっております。

確かにお店の名前がわからなければ自分自信が濃厚接触者に該当するかどうかもわからない方もいるわけです。

今後札幌市の夜の街への対応策が注目されます。

店の了解なしだと何故公表出来ないのか
公表しなければ、その店に行った客が自分が濃厚接触者であることがわからないではないか

「店側の了解が取れていない」て、そりゃ店側はイメージダウンだから了解なんかしないって。

客で濃厚接触者が、報道機関によって400名から600名の幅があるということは、それらの人が感染してる可能性があるということです。そこから市中感染が拡大するのは間違いない。
店名を公表しないと自らPCR検査を受ける人が少なくなることは明白です。
札幌市が店側に店名公表許可を取らないと公表できないというのは、行政としてあまりにも無責任です。

「女性スタッフがマスクなどの感染防止対策をとらないこともあり、長時間客と近い距離で接客していたこともあった」ってこういう感染予防をしていない店は営業停止にすべき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です