M警部補(警視庁組対3課マル暴刑事)は誰,名前は?顔画像や写真は?フライデー

現職の警視庁の警部補と住吉会系暴力団幹部がカラオケや飲食を共にしているところがスクープされました。

フライデーデジタルの報道では組対3課のM警部補と住吉会系組織の幹部X氏が親しくしている場面を写真に収めております。

この前家宅捜索したばかりじゃないの?

どんな関係?

暴力団に対する警視庁の警部補が定期的にこのように接待されているとFRIDAYは報じておりますが真相はどのようなものなのでしょうか。

M警部補(警視庁組対3課マル暴刑事)は誰,名前は?フライデー

現役の警部補の不祥事ともとらえられかねない今回のフライデーの報道は次のようになります。

1月下旬のある晩、六本木にある高級カラオケ店から、コワモテの中年男性と美女が二人ずつ並んで出てきた。写真左端のネクタイ姿が警視庁組織犯罪対策第3課(組対3課)のM警部補(51)。右端が、住吉会系暴力団幹部のX組長である。

二人は互いに頭を下げて別れ、その後、M警部補と美女は腕を絡ませながら歓楽街を歩いていく。

5分ほどすると、ラブホテルへ一緒に入っていった。二人がホテルで過ごしたのは1時間ほどだった。

現役の刑事がヤクザの組長に女をあてがわれる――。まるでVシネマのワンシーンのようだが、現実に起こっていることだ。

暴力団対策法はもちろん、暴力団排除条例でも市民に反社会的勢力と付き合わないように呼び掛けています。

取り締まる側の捜査員も、原則として暴力団と交際することは許されていません。それが高級カラオケ店で接待され、あげく用意された女性とラブホテルに行ったというのは言語道断です

出典:フライデーデジタル

爛れた関係とFRIDAYは報道しておりますが頻繁にこの二人は会合を持っていたようです。

写真からもかなり親しい関係ということが感じられます。

警視庁のマル暴刑事の組織犯罪対策第3課の現役の警察官が暴力団の幹部に接待されていたとのことで真相を究明するべきでしょう。

ところでこの警視庁の組対3課のM警部補とは誰なのでしょうか。

年齢は51歳と表記されておりフライデーの取材チームは名前などの把握しているものと思われます。

しかし、今週号では名前がM警部補と伏せられており誰かということは判明しておりません。

警視庁の中では以前から黒い噂があったようで誰かということは周知の事実になっているようです。

今後逮捕や起訴などされれば実名での報道になりますのでその際にはこちらのサイトでもM警部補の名前を記していこうと思います。

顔画像や写真は?

警視庁の組織犯罪対策第3課(組対3課)のM警部補の顔画像や写真などはあるのでしょうか。

今回の写真週刊誌での報道では警部補の顔の部分がぼかされており顔立ちはわかりません。


しかし、服装や髪型、口元などが画像として掲載されており雰囲気などは感じられます。

今後法律違反などで捕まる可能性もありその際には顔画像も報道されることになるでしょう。

住吉会系の幹部Xの氏名は?

警視庁の組対3課のM警部補のカウンターパートになる住吉会系の暴力団幹部のX組長の氏名は何で誰なのでしょうか。

住吉会系の組長ということで関東にはそれほど多い人数がいるわけではありません。

wikipediaによると団体はこのようになるそうです。

五代目工藤會
極東会
松葉会
二代目松浦組

この中の組織の組長の誰かが今回のX氏ということになるのでしょうか。

詳細に関してはフライデーの今後の報道を見守るしかなさそうです。

ネットの反応

ネット上ではなぜこのような関係になったのか真実が知りたいとの声が多いようです。

しかし、どのような関係だったのかに関してはまだ判明したおりませんので真相は今後の捜査の開始などによるものと考えられます。

なれ合いっていたのかな

虎穴に入らずんばだが・・・

なんでこうなった

どちらもこわそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です